「NEW GAME!」概論

今学期大学に一度も行かずに夏休みを迎えました、11期の大島です。本稿では二度アニメ化されたきらら作品「NEW GAME!」について、その概略と魅力を簡単に紹介します。
2期までアニメ化されたことからも分かるように、「NEW GAME!」は多くの人を魅了しています。筆者もその魅力に惹かれた一人です。本作の魅力はどこにあるのか、少しでも伝えられたら幸いです。ぜひ最後までお読みいただければと思います。

なお、執筆現在で原作が10巻まで発売されていますが、今回は「NEW GAME!」を知らない人、軽く見ただけの人などのライト層を想定していますのでアニメ化された範囲のみを取り扱います。ネタバレ無しで書きましたので、ご安心ください。

「NEW GAME!」とは

「NEW GAME!」は芳文社の4コマ漫画雑誌『まんがタイムきららキャラット』にて連載中の4コマ漫画です。作者は得能正太郎氏で、2013年7月号から連載されています。他のきらら作品と同様、いわゆる日常系と呼ばれる系統の作品になります。2016年夏にアニメ化、翌年夏に第2期が放送されました。作中の「今日も一日がんばるぞい」というセリフが一時期大流行したことから、名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

あらすじ

アニメ「NEW GAME!」公式サイトでは以下のように紹介されています。

高校を卒業して、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲームを作った制作会社「イーグルジャンプ」へ入社した青葉は、そこでそのゲームのキャラクターデザイナーを務めていた八神コウと出会う。
憧れの人の下で働くことになった青葉は、初めてのお仕事に戸惑いながらも、コウを始め個性的な先輩社員に助けられながら少しずつ成長していく。
ゲーム会社で働く女の子たちの日常を描いたお仕事ガールズコメディが今、幕を開ける!

ざっくり言えば憧れの会社に入社したら憧れの人と一緒になったって流れです。きらら作品の多くは学校(特に高校)を舞台としていますが、本作の物語の舞台は、お仕事ガールズコメディとあるように、ゲーム会社になります。これは作者の得能氏が実際にゲーム会社に勤務していた経験に基づいた作品であることが理由です。

きららの日常系作品はどれも日常にプラスアルファが加わっています。例えば『けいおん!』であれば「日常」+「音楽」、『ゆるキャン△』であれば「日常」+「キャンプ」というように。本作は「日常」に「お仕事」を加えた作品であると言えるでしょう。

「NEW GAME!」の魅力

1. 「立場」が生む立体的な人間関係

先述の通り、本作の物語の舞台はゲーム会社です。この設定がいわゆる学園系にはない立体的な人間関係を生み出しています。

学園系作品の多くは主人公とその周りの人々は同級生という関係にあります。先輩や後輩、教員など多少の上下関係はありますが、その年の差はせいぜい数歳です。多くの登場人物の年齢が横に並ぶ、直線的(1次元)な人間関係と言えます。

一方で、「NEW GAME!」は登場人物の年齢レンジが広いです。1期1話時点で主人公の涼風は18歳、その上司である八神コウは25歳です。さらに八神の年上のキャラも出てきます。入社時点で青葉の同期キャラは出てきませんが、ほとんど同い年のキャラが青葉と同じブースで働いており、横並びの関係もあると言えます。同い年の幼馴染もいます。これらから、「NEW GAME!」には登場人物の年齢関係が縦と横に広がる平面的(2次元)な人間関係があると言えます。

さらに、本作は同い年でも「立場」の違いという概念があります。例えばアニメ1期の八神は「キャラクターデザイナー」という役職ですが、八神の同期である遠山りんは「アートディレクター」という役職です。立場の違いによって生まれる上下関係と、年齢の上下関係が逆転することもあります。先ほどの年齢の平面関係に加えて、さらに立場という軸が加わることで本作の人間関係は立体的(3次元)であると言えます。

立体的となった人間関係は複雑で分かりにくいのではないかという疑問を持つかもしれません。しかし、最初から年齢と立場が入り混じる複雑な関係になる訳ではありません。実際アニメ1期の間は年齢と立場の交差は発生しません。また、このような関係は身近なものであり、実際はすんなりと受け入れられると思います。
本作のような立体的な人間関係を持つ作品は少ないため、視聴者にとっては新鮮な体験となるでしょう。特に「立場」の違いは本作の特徴であり、様々な出来事を起こします。これが「NEW GAME!」の面白さを生み出しているのです。

2. 主人公の明確な「目標」

主人公の涼風は「キャラクターデザイナーになりたい」というはっきりとした目標を持って入社します。この涼風の目標を軸に本作は進行していきます。作品の方向性が確立されているので、日常系が苦手な方でも楽しめるはずです。

涼風が目標を達成するべく日々奮闘する訳ですが、当然すんなり行かず、途中で何度も壁にぶち当たります。そんな時、涼風が試練をどう乗り越えるのか、先輩たちはどう支えていくのか。そして、壁を乗り越えた先に何があるのか。これに関しては詳細を話すとネタバレになってしまうため、ぜひアニメを観てください。

目標に向かってひたむきに努力する涼風を中心に物語は進みます。もちろん彼女の視点からでも作品は大いに楽しめるのですが、本稿を読んでくださった方にはぜひ周りの先輩たちの視点からも作品を楽しんで欲しいです。

3. 登場人物全員の成長

本作の主人公は涼風ですが、周囲の先輩たちだってまだまだ若手。彼女たちも後輩に刺激を受け、成長していきます。分かりやすいのは涼風の上司である八神の成長です。彼女は元々・・・これ以上言うとネタバレになりますね。

特に2期は涼風と八神だけでなく、同僚の滝本ひふみ、飯島ゆん、篠田はじめなど多くの人物が涼風の姿に影響を受けて成長していきます。中には自分と似た境遇のキャラがいるかもしれません。彼女たちと一緒に、一歩踏み出してみませんか?

アニメの続き

アニメ化されている範囲は原作1~4, 6巻です。アニメの続きを読みたい人はぜひ7巻以降を買ってみてください。

また、原作5巻はスピンオフとして涼風の高校生活が扱われています。なぜ涼風は高卒での就職を選択したのか、その過程が描かれています。内容としては独立していますので、ぜひ5巻だけでも買って、「NEW GAME!」の世界を味わってください。

最後に

ここまでお読みいただきありがとうございました。長々と自分の考える「NEW GAME!」の魅力を語りましたが、これが少しでも伝わっていれば嬉しいです。もちろん、ここに書ききれない魅力も沢山あります。ぜひ「NEW GAME!」をよろしくお願いします!

三田(オンライン)で会いましょう

先日日吉に帰ったついでに池袋のヘルスに赴こうとテレビをつけたら百合子が涙の訴えで会見をしており自分の良心に打ち勝つことができました。皆さんこんにちは、11期のゆくもんこと剣持です。拙い文章でお目汚しですが最後までお付き合いいただければと思います。
さて今回の題材ですが、僕はアニメを履修していないと悪名高い11期の中でも四天王に数えられてしまうほど顔面Dアニメストア君ではないのです。最近履修したのは【映像研には手を出すな】のみ。言うなれば回転ずしに来て「寿司を食うのは邪道!」と言ってひたすら250円のラーメンと200円のカリカリポテトを注文しているのが僕です。はい。気持ち悪いですね。

この際僕の秋学期取得単位と僕でも取れたオススメの楽単情報でも紹介しようかと思いましたがそもそも新入生も見ていないこの場でそれをやって誰得やねん。土〇くらいしか得しないやろ。ということで却下。
【あたしンち】の如くゆるふわ(?)日常系日記で攻めていこうかとも思いましたが最近を振り返ってみても毎日
起きる➡ネットサーフィン➡飯食う➡寝る
のマダオもびっくりの省エネニート生活。そのうち光合成できるようになれそうです。却下。

前置きが長くなりましたが(ここまで1時間くらいかかってる)自分的にこえけん!との出会いについて語っていくことにします。
(…あたしゃもう疲れたよ{まる子、心の叫び})

2019年3月 こえけん!との出会いはTwitterから始まります。
当時やることがなさすぎて狂ったかのようにダンジョン周回をしていたパズドラこと通称オワドラ。深夜帯にツイートしたツイに一つのリプがつきます。

入学前、ウェイ王義塾=渡辺〇太みたいな天竜人(陽)しかおらず三種のチーズ牛丼(陰)はオタクバレすると同時に奴隷以下の存在へとなり下がると勘違いしていた僕、反射的にブロックボタンに手を伸ばします。しかしふとアイコンに目をやると




なんということでしょう。(劇的ビフォーアフター)
アニメアイコンではありませんか。
オタクもついに市民権を獲得し、日の光を浴びることが許されたのです。これにはさすがのリンカーンも満面の笑顔を浮かべざるを得ません。
更にこの’うまい棒ドラゴン味’アニメアイコン君(るーろん)とかかわること数日、彼の所属しているこえけん!とやらで新歓食事会をやっているとのこと。さっそく行ってみることに。
最初は水瀬いのりのオタクを受験きっかけに他界して声優殆ど知らんし飯代浮かせたろwくらいの気持ちだったんですけどね。

4月上旬 日吉の集合場所に向かうとそこには明らかに異様なオーラを放つ集団がオタク特有の早口で語りあっていました。まず他のサークルと違って明らかにナオン率が低い。そして見覚えのある三種のチー牛率の高さ。実家のようなすき家のカウンターに座った時のような安心感です。しかしいきなり「ここ、こえけんですか?」って聞いて違ったらオタク君のライフは0になってしまい即教会送りです。スマホいじいじしてなんとかその場と同化することに成功。すると賢者の孫シン・ウォルホードの「また俺なにかやっちゃいました?」のセリフが似合いそうなオタク君(のちのこっぺぱん)に話しかけられ意気投合します。(なに話したか覚えてない)
そんな感じでお店(しゃぶ葉)に到着し話しているとオタク君からTwitter交換のお誘いが。常人同士なら「line交換しよ」から始まるセリフが「Twitterの垢教えて」です。さすがです。
気になるアイコンは




やりました。アニメです。うまい棒ドラゴン味(るーろん)に続く二人目のアニメアイコンゲットだぜ!

そんなこんなでこの二人とのかかわりがこえけん!に入るきっかけだったような気がします(知らんけど)
当初2019年度総まとめ的なことを書こうと思っていたのですが諸々の都合(書くの疲れる&冬合宿とか参加してなくて書けない)によりこんな個人的な感じのブログになってしまったことを深くお詫び申し上げます。
なかなか大変なご時世ですがオタク君は在宅勤務に慣れていると思うので心配はしておりません。普段通り家でDアニの顔つきしていましょう。
コロナが収束したときにまたオタク君たちと会えるのを楽しみにして、ここらで締めさせていただきたいと思います。ここまでお読みいただきありがとうございました。こえけん!の魅力とアニメアイコンのすばらしさが少しでも伝われば幸いです。
次の更新もお楽しみに!

好きなもんは好き!

時空と姿勢が歪んで治りません。皆さまこんにちは、こえけん!11期の小山と申します。
突然ですが、人間に必要なものはなんでしょうか。答えは衣食住(衣類・食事・住居)です。
ではオタクに必要なものはなんでしょう。それは「好きなものは好き」と言える強さです。
どのような趣味に対しても、「何を言われようと私はこれが好き」と硬い意思をもって生きていくことは、オタクとして、また一人の人間として大切ではないでしょうか。
長ったらしい前置きは以上にして、私が好きなアニメ作品について軽く紹介していきます。アニメ初心者もアニメ玄人も皆楽しめる作品を3つ記していきます。エアプかもしれませんが、前述した通り、私は浅くても作品が好きです。

1.凪のあすから
「アニメ オススメ」【検索】をすれば出てくる王道作品です。内容を簡単に説明すると、地上人と海底人が問題を共に乗り越えて相互理解を深めていく話です。これでは少し言葉が足りないので追加で説明をしていきたいと思います。物語の初めに、海底にある唯一の学校が廃校になってしまったので、海底人の中学生が4人、地上の中学校に通うことになりました。もちろん住む世界、環境が違うので、地上人と海底人は価値観が違います。価値観が違えば衝突が起こります。中学生という多感な時期であるため、対立は表面的なものへと発展していきます。しかし、対立というものは必ずしも惡ではありません。彼らは本音をぶつけ合うことで、互いに成長をしていきます。そんなヒューマンドラマです。これ以上の内容はネタバレになるので控えさせていただきます。
では「凪のあすから」の何が好きなのか、それは「各キャラクターに焦点が当たる」ことです。アニメ界ではハーレム系作品のアニメが毎季のようにありますが、ハーレム系のアニメはどうしてもヒロイン全員にスポットライトを当てることが時間の問題上、難しくなってしまいます。そうなると、どうしてもヒロインや友人を主人公を引き立てる舞台装置として使い捨てることになってしまいます。一方この作品は、主人公だけを引き立てるのではなく、ヒロインや友人、また家族などの周辺人物をピックアップしながら、皆で成長を図るといった形式をとっています。当時の私にとって「凪のあすから」は目新しく、また特別な作品でした。これは絶対に損をしません。全人類、この作品を視聴してほしいぐらいです。
また、この作品の主題歌「ebb and flow」は私を現地校の物理の授業で助けてくれたので、もっと好きになりました。時間があったら聖地巡礼したいと思います。

2.神さまのメモ帳
裏社会の問題・いざこざをニート探偵が自室に引きこもりながら解決する話です。言い換えればいわゆる安楽椅子探偵を当時話題であった「ニート問題」とくっつけた感じです。
この作品は麻薬・暴力団・違法移民など、今でもニュースで見る問題を取り扱っています。それらを主人公たち一派が人脈やひらめき、情報を使って解決していくといった形です。
なぜ人類はこの作品を視聴する必要があるのか。(過激派)「神さまのメモ帳」は社会問題に意識を払いながら人と人との繋がりの大切さを再認識できる特殊な作品であるからです。2019年にこの作品を作ろうとしたら、コンプラと時代の流れに阻まれて無理でしょう。それを念頭に置いてみて頂けると希少性も感じられると思います。
また主題歌はChouchoさんの「カワルミライ」と、名曲です。EDテーマも鈴村健一さん(坂本真綾さんの夫)の「あすなろ」です。名曲なので聴いてください。昔はアニソンメドレーに皆勤賞だったのですが、最近聞かなくて寂しいです。時代の流れを感じます。
原作は古すぎて本屋さんにない可能性が高いのでオンラインショップか何かで購入して下さい。
P.S. 作者・杉井先生へ スピンオフを書いてください。 私より

3.バカとテストと召喚獣
はい、また大人気作品です。もういいよ、と思われた方はこのページを閉じず、このまま読んでください。(?)
引き続き読んでくださっている方、本当にありがとうございます。
「バカとテストと召喚獣」は学力が数値化される学校で、その数値に基づいた自身のアバターを駆使して生徒間の問題を解決する「コメディー」作品です。通称「バカテス」です。
アバター、戦力の数値化、戦闘と三拍子そろったら、殺伐とした生存競争が始まりそうですね。ほら、某黒の剣士がプレイヤーの命を助けるために戦う作品みたいに。
「バカテス」は命の取り合いをしません。主人公も強くありません。頭もよくありません。ただ設定がそれっぽいだけです。俺TUEE系が好きな人、無双系に飽きた人、皆楽しめそうですね。
この作品は「学生生活への懐古」そのものです。こんな風に友人とワイワイ騒いだなあ、色々やらかしたし、つらいこともあったけど、楽しかったなあ。とあの頃を眺めるような感覚で楽しめる作品です。これから高校生活を送る方にとっては憧れになるでしょう。ここで断言しておきます。「バカテス」の高校生活は「理想」です。あの高校生活を送ることができたら、あなたは人生を間違いなく謳歌しています。胸を張って生きてください。
またスピード感あふれるギャグは常に視聴者になる皆様を楽しませてくれるでしょう。辛いことがあっても、「バカテス」は軽い落ち組み具合であれば解決してくれます。アバター等が存在するので厨二心をくすぐられる作品でもあります。、視聴してから5年以上は経過していますが、今も昔も大好きな作品です。好きすぎて原作も全巻購入しました。狭い家に本を増やしてごめんなさい。
総括として、バカテスはアニメ・原作共に非常にレベルの高い作品となっています。
作画の安定感はもちろん、話のテンポの良さ、主題歌のクオリティ、原作忠実度、話数など名作アニメになるために必要な要素を全て備えています。この作品はあなたの人生に少しながらの彩を加えてくれることでしょう。

作品紹介は以上になります。前回の斎藤君の投稿から時間が経ったにも関わらず、目新しい内容をご用意できなかったことは申し訳なく思っています。しかし、やはり「凪のあすから」「神さまのメモ帳」「バカとテストと召喚獣」の三作品についての想いは他人になんと言われようが「好き」と明確に言える自信があるため、今回の執筆内容とさせていただきました。
執筆してみて思ったのですが、内容を公開せず、読者の興味を引く文章を書くことはとても難しいのですね。そりゃあ文章の専門家が存在するわけだ。
ネタバレしないように話しても内容が伝わらなさ過ぎて頭を抱えました。特に「凪のあすから」は大変でした。
本文を最後まで読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。弊サークルは年に数回、声優さんをお招きしてトークイベントを開催しています。ツイッターアカウントもありますので、そちらをチェックしてください。@keiokoeken
以上です。改めてお時間ありがとうございました。

小山

主人公最強系作品についてと個人的なおすすめ

パソコンを買い替え、ゲームに明け暮れる毎日を送っていたところ、ブログの更新を忘れていました。11期の斎藤勇太朗です。今回は、私が愛してやまない主人公最強系作品について、勝手に語らせていただきます。Fake要素、日本語不自由が一部含まれる可能性がありますが最後まで読んでいただければ幸いです。

主人公最強系作品。このジャンルは好き嫌いがはっきり分かれると思います。私が初めて見た、主人公最強系作品、それは「コードギアス反逆のルルーシュ」でした。当時は見ていませんでしたが、家の書斎に円盤が置いてありましたので、それを見たといったところです。当時、こういった作品に触れるのが初めてであったものの、「主人公はどういう風にこの困難を乗り切るのかなー?」とワクワクしながら見ていたのを覚えていましたし、この楽しみ方が今にも生きているような気がします。また同じぐらいに見た主人公最強系作品に、「ギルティクラウン」があります。こちらは、ヒロインの祭ちゃんにガチ恋していた上、今でも何度も見返すぐらいに作品が好きです。そして代表的な、ソードアートオンラインもこの時期に放送されていました。しかし、これらの作品は共通して、現在、主人公最強系作品の主流といえる異世界系また学園系の作品と違う点があります。それは、ヒロインや、主人公の周りのキャラクターが死ぬことがあるということです。現代の主人公最強系作品において、主人公の周りのキャラクターが死ぬ描写のある作品が少なくなってきているように感じます。例えば、魔法科高校の劣等生では、設定的には死人が出てもおかしくないのにも関わらず、主人公が強すぎるうえ、蘇生能力までついちゃってるもんだから死ぬことがありません。そしてなんといっても、2010年代後半に主流となっているのが、異世界転生系の作品たちです。最近の主人公最強といえばほとんどがこの系統です。一方で、リゼロのように斬新に死という描写を映しつつ、主人公の体質でそれがなかったことになるというもので、このような「そこまで重くはないけど、しっかりとした」ストーリーが大ヒットした理由なんじゃないかと思います。

それでは、なぜ重要人物の死の描写が近年の主人公最強作品には少ない傾向にあるのでしょうか。いくつかの理由について話していきたいと思います。まず、一つ目の理由に「小説家になろう」の作品、いわゆる「なろう系」ジャンルが大量に生み出されていることがあげられます。なろう系作品といえば、自由投稿であるため、言っては悪いですがクオリティの高い作品はあまりないことで有名です。しかし、その完成度の低さが逆に面白いのだと私は思っています。例えば、自分の中で「いや、それはないでしょw」みたいにツッコミを入れつつ読んだりするのは個人的にめっちゃ楽しいですし、あとから知り合いといろいろ意見交換するのも楽しみ方の一つなのではないかと思います。話を戻しますと、完成度が低いが故に、死という壮大なテーマを扱うことができない作品が多いのではないかと考えました。二つ目の理由に、社会のストレス化が考えられます(テンプレ)。でも実際最近の最強系作品って疲れ切っているときに、頭を無にして読むとなんだか落ち着くんですよね。なので、この理由もあながちあってるんじゃないかと思います。将来どうなるのかわからない不安のなか、ロボットのように働き詰め、家に帰るころには(帰れたなら)何もやる気が起きず、とりあえず最強系作品を読み、見漁る… このような状況で、作品の重要人物が死のうものなら、見ている側としてはもう耐えられないと思うんです。なので、読者側からも死を扱う作品が受け入れられにくくなっている傾向もあるのではないでしょうか。まとめると、著者側、読者側の双方で「死」という概念を主人公最強系作品に織り込む必要性がなくなってきているのが要因であるのだと考えました。

それでは、ここからは私のおすすめの主人公最強系作品について紹介していきたいと思います。まず一つ目に紹介しますのは「友人キャラは大変ですか?」です。最初は、エッチなゲームの友人キャラの話なのかなと思いながら、そこまで期待せず読み始めたのですが、実は異能バトル系だったんです。1巻時点での主人公の設定はごく平凡な脇役キャラなのですが、実は秘められた力が…、って感じで、特に秘められた力で「俺なんかやっちゃいましたか」が最高にいいんです。それに、異能バトル要素のほかにもラブコメ要素も多く含まれているので、パンピにも受けがいいのではないかと思い、おすすめさせていただきました。二つ目に紹介させていただくのは、「自称Fランクお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?」です。これはタイトルから「うわぁ」ってなってしまう方も多いのではないでしょうか。はい、私はとても好きです。こちらの作品のなにがいいって、主人公設定が完全に「それ」なんですよね。裏の世界で負け知らずだった少年が、平凡な学生生活を求め学園に入学したものの、そこもゲームで格付けされる(賭ケグルイに似ている)という作品です。これ欲張りセットのような作品ですので、正直好き嫌い分かれると思いますが個人的に好きなのでおすすめさせていただきました。

全体的にまとまりがなかったですが、お付き合いありがとうございました!二つの作品、ぜひ手に取って見てください!

次のブログですが11期の小山くんにお願いしたいと思います。お楽しみに!

虹をつかんできました!

どうも皆さん初めまして、最近アニメよりポケモンのゲームにはまっている11期の新入生、澁谷といいます。11期によるブログ更新第二弾ということで今回このような形でブログを書かせていただいています。文章を書くのが苦手などころか日本語が上手ではないので読みぐるしい点も多くあるとは思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

さて、人によってはこのブログの題名で察していただけたかと思いますが、今回のブログ記事は僕がつい最近、6月30日に参加してきた、「水瀬いのり Live Tour Catch the Rainbow!」の武道館公演二日目のイベントレポートです。なんで今なのかというと僕がこの記事を書き始めたのが七月の頭だったのに、いろいろ忙しくなって放置していたらこうなってました。本当にすみません。

まずは本題にx入る前に軽く僕の推しの水瀬いのりさんの紹介を。彼女は現在アクセルワン(AXL-ONE)に所属している女性声優タレントで、主な代表作としてはアニメ「ご注文はうさぎですか?」シリーズのチノ、「Re:ゼロから始める異世界生活」のレム、ソーシャルゲーム「ホニャららMAGIC(通称:ららマジ)」の結城菜々美などが挙げられるでしょう。今では演技のお仕事のほかにもアーティストとしても歌を何十曲も出していて、今回のツアーの題名にもなっている「Catch the Rainbow!」も今年の四月に出した新アルバムのタイトルとなっています。

ではここで今回の武道館公演のセットリストを紹介します
~オープニング~
・Step Up!
・ピュアフレーム
・Ready Steady Go!
~MC~
・Kitty Cat Adventure
・Wonder Caravan!
~バンド紹介&衣装着替え~
・コイセヨオトメ
・ココロはMerry-Go-Round
・Future Seeker
~MC~
・君色プロローグ
・水彩メモリー
~映像&衣装替え~
・約束のアステリズム
・brave climber
・Will
~MC~
・今を僕らしく生きてくために
~衣装替え~
・TRUST IN ETERNITY
・Starry Wish
・My Graffiti
~MC~
・harmony ribbon
~アンコール~
・Dreaming Girls
・Million Futures
~MC~
・Catch the Rainbow!
~ダブルアンコール~
~MC~
・夢のつぼみ
以上22曲です。特徴として、今回の新アルバムからの曲が全部入っていることが挙げられます。また今までのすべてのシングル、アルバムから一曲ずつ入っています。

まずは『Step Up!』から『Ready Steady Go!』までの三曲。これらの三曲はいわゆる「盛り上がる曲」です。『Step Up!』は今回のアルバムにおいても一番最初の曲だったように、「始まり」と感じさせてくれる特徴が今回のライブの一曲目としてとても映えていました。また今回の三曲目である『Ready Steady Go!』は水瀬さんのライブの鉄板曲であり、本人も「ライブでみんなと盛り上がりたい」という思いで歌っているそうです。僕はこの曲でタオルを振り回していたら腕が痛くなりました。

『Kitty Cat Adventure』や『コイセヨオトメ』、『ココロはMerry-Go-Round』、『Future Seeker』はダンス曲でした。『コイセヨオトメ』の振り付けは初出しの1stライブから変わってませんでした。自分は1stの抽選に落ちて悔し涙を飲んだので、これが個人的にうれしかったです。あと『Kitty Cat Adventure』のネコダンスしてるいのりさんめっちゃ可愛かったです。

そして『君色プロローグ』と『水彩メモリー』の二曲。この二曲はテンションが上がるようなものではなく、どちらかといえばしんみりするような曲調の楽曲です。ライブのテンションに緩急をつけるという意味で最初の数曲で上がった観客のテンションを一回落ち着けるための曲だったと言えるでしょう。ここで僕は疲れた腕を休めていました。

そしてセトリは少し跳びまして、『TRUST IN ETERNITY』、『Starry Wish』の二曲のタイアップ曲たち。それぞれが、スマホゲーム「ゲシュタルト・オーディン」の主題歌、テレビアニメ「Vivid Strike!」のエンディングテーマと他作品とのタイアップしていました。そのためいのりさんの曲の中でもアニソン色が強く、ライブの中でもかなり盛り上がってました。特に『Starry Wish』の一番のサビ手前ではなかなかの音量で家虎が聞こえました。しかし二番のサビ手前ではほとんど聞こえなくなったので彼らはスタッフに抹殺されたんだと思います。

メイン最後の曲は2ndシングル表題曲の『harmony ribbon』。この曲は僕が初めて買ったCDだったので個人的に思い入れは強いですね。特に最後にみんなでやる「ラララ」の合唱を一回やってみたかったので、ようやくその願いが叶ったのがうれしかったです。そしてこの曲の最中にいのりさんが感極まって泣いてしまいました。その涙から僕たちにも彼女の思いが伝わってきて、思わず合唱に熱がこもってしまいました。これは思い出です。

さて、ライブというものがここで終わるはずもなく、退出したいのりさんが出てきて今度はアンコール。アンコール曲は『Dreaming Girls』、『Million Futures』、そして今回のツアーの題名でもある『Catch the Rainbow!』。特に『Million Futures』はサビ手前に観客全員で「ミーリオンフューチャーズ!」と叫んだのは最高に熱かったですね、めっちゃ楽しかった。そして最後の『Catch the Rainbow!』でも、再びいのりさんが感極まって泣いてしまい、歌えなくなってしまいました。しかしそこで歌えなくなったいのりさんの分をみんながコールをしたのは最高にエモかったです。

そしてこの曲も終わり、いのりさんがステージを降りて、今回のツアーは幕を閉じた……

……わけがなく。

ダブルアンコールを歌うために再びステージに戻ってきました。そして最後にうたった曲は彼女のアーティストデビュー曲である『夢のつぼみ』。この曲こそが彼女の原点でかつ頂点と言えるでしょう。2015年の12月2日、彼女の20歳の誕生日にアーティストデビューと共にリリースした1stシングル。僕たちファンにとって、そしてきっと歌っている本人にとっても最高に思い入れが強い楽曲の一つなのではないでしょうか。当然僕のテンションも絶頂でした。歌詞の「行くよまだまだまだ」のところでペンライトを振りすぎて正直腕が痛かったですが、それさえも忘れさせてくれるくらい会場は盛り上がってました。

人生で初めていのりさんのワンマンライブに行ったのですが、改めて彼女を推す気持ちが強くなりました。今回のチケットも同じサークルメンバーである子が連番で分けてくれたものなので、次回行く時はぜひ自分でチケットを取りたいです。ライブの後は連番者ともども二日間の筋肉痛に悩まされました。

次回のブログ更新は同じく11期の斎藤くんにお願いしてます。お楽しみに!

「響け!ユーフォニアム」について

初めまして、最近阪神タイガースが低迷気味で気分が落ち込んでいる新入生11期のうっしーこと牛島です。11期トップバッターとして今回こうしてブログを書くことになり少々緊張しています。前回の宮川先輩のような文才溢れるブログは書けませんが、最後までお読みいただけると嬉しいです。

さて、本来なら先日開催されたこえけんの外会場でのイベントやランティス祭りのレポートを書くものなのでしょうが、僕は以前からブログの担当が回ってきたらユーフォの話がしたいと思っていたのでタイトルの通りのテーマで書きます。

では、なぜユーフォなのかというと、単純に僕が一番好きなアニメだからです。簡単に説明をしておくと、響け!ユーフォニアムは京都の北宇治高校という学校の吹奏楽部がコンクールの全国大会を目指して奮闘する様子を描いたもので、2015年の4月からTVアニメの第1期が、2017年の10月から第2期が放送され、昨年にスピンオフ映画『リズと青い鳥』を挟んで今年の4月に新作の劇場版『誓いのフィナーレ』が公開されました。先日、続編の制作が発表されるなど今でも根強い人気がある作品です。こえけんの先輩の中にも最近になってアニメを見始めてハマった方が何人かいらっしゃるようで嬉しく思っています。
ユーフォに魅了された当時中3の僕は何度も宇治に足を運んで物語に思いを寄せ、サントラをヘビロテして聴き、そして高2の時に洗足音楽大学ウィンドアンサンブルによる生演奏を初めて聴いて涙を流しました。

ユーフォの魅力は大きく2つあると思います。まずは部活動における人間関係がリアルに描写されている点です。最近ではラノベ原作やなろう系の壮大なストーリーのアニメが多く製作されている印象がありますが、ユーフォは対照的に、高校における部活動の実情や思春期の高校生の心の機微を緻密に、丁寧に描いています。
普通、スポーツなどの部活モノの作品は部員が一致団結して勝利を目指し、アツアツの試合展開で視聴者を楽しませるものですが、ユーフォの場合必ずしもそうではありません。

中学や高校時代にある程度部活に真剣に取り組んだ経験のある方なら共感できると思いますが、まず当初の段階で部員のモチベーションに差があります。全国大会出場を目指して部活に真剣に取り組みたい者もいれば、あくまでエンジョイ程度で部活に参加したい者もいます。また受験勉強が忙しくなって部活に参加できなくなる者、体の都合で楽器を吹けなくなる者もいます。
そして部員たちがコンクールへの練習に取り組むにあたって一つの大きな山場として描かれるのがオーディションです。部員数が多い北宇治の吹奏楽部は、コンクールに出場できる人数の上限の55人を選出するためにオーディションを行います。選考基準は完全実力主義で、先輩よりも上手ければ自分だけがコンクールのメンバーに入ることもあり得ます。こうした状況の中で、自分だけがメンバーに選ばれて部内での人間関係が悪化することを懸念して敢えて下手に演奏する者もいます。実力主義と年功序列のジレンマに悩むわけですね。トランペットのソロを選ぶ時は、実際に1年生が3年生に勝ってしまい、部内に亀裂が入ります。
人間関係に悩んで葛藤しながらも「うまくなりたい」と願い、努力し、挫折し、また努力し前に進もうとするキャラクターの姿に僕は心を打たれるのです。『リズと青い鳥』はTVシリーズとは監督を変えてこの辺りの心理描写によりスポットを当てた作品となっています。

そしてもう一つの魅力が、音楽作品としてのクオリティの高さです。バンドやアイドルをテーマとしたアニメであれば、キャラクターをステージ上で派手に動かすことが可能なのですが、ユーフォの場合は吹奏楽なのでそのような演出が出来ません。さらに55人がコンクールのステージに上がる訳ですから、登場する人数も、楽器もとてつもなく多くなります。これらを細かく描こうとすればするほど製作が大変になるのは目に見えていますが、京アニは一切妥協しませんでした。

主要キャラ以外を「モブ」として扱うことはなく、個性的な見た目やちょっとしたセリフ、小道具などを与えることで彼ら全員がコンクールに向けて努力してきたことをそれとなく感じさせます。楽器の演奏も、実際にその瞬間に鳴っている音とピストンの動きを完璧に合わせて描ききっています。さらにキャラクターの演奏を聞いていると、本番が近づくにつれて上手くなっているのがよく分かるのです。
作中のコンクールの演奏シーンはどれも長尺で、特に『誓いのフィナーレ』では演奏シーンが約10分間ありますが、派手な動きがなくても、劇場の音響とマッチした迫力ある音と細部にこだわって作り込まれた映像、そしてそのステージに至るまでの物語があれば一瞬たりとも飽きることはなく、感動を与えてくれます。あの演奏シーンを見てると不思議と鳥肌が立って涙が出てくるんですよね(伝われ)。

さて、先日製作が発表された続編がTVアニメになるのか、劇場アニメになるのか分かりませんが、1期ではピカピカの1年生だった久美子たちが3年生になってどのように部を引っ張っていくのか、またその先にどんな結末が待っているのか今から楽しみで仕方がありません。またガルパンでお馴染みの立川シネマシティが7月5日から2週間ほど『誓いのフィナーレ』の極上爆音上映を行うということなのでこちらも楽しみにしています。

と、こんな感じでユーフォの話は終わりたいと思います。ここまでお読みいただきありがとうございました。作品の魅力と僕のユーフォへの愛が少しでも伝われば幸いです。次のブログ担当は同じく11期の澁谷君にお願いしたいと思います。乞うご期待!

アニクラの告知と2019年上半期オタク楽曲10選

ブログをご覧の皆さま、こんにちは、初めまして。10期の宮川と申します。

 

ブログの主題ですが、読んだ通りのものとなります。皆往々にして、各々の参加したイベントのイベントレポートを寄稿していますが、僕は俗に言う在宅アニメ君であるため、そう月に何度もイベントに足を運ぶこともなく、そういった類の話の種がない。
というわけで開き直って自分の話したいコトについて話そうと思います。イベントレポート目当てでブログを開いた方はすみません!居ないと思うけど。

では話したいこととは何か。大まかに分けて2つあります、1つはアニソンクラブイベントの告知、もう1つは年末になると、こぞってオタクが語り出す、巷で盛んな「○○年オタク楽曲10選」の上半期版です。この場を借りていろいろ書ければな、と思います。興味がない方はブラウザバックしてください。

さて、それでは早速本題に入りたいと思います。

まずアニソンクラブイベントの告知。

アニソンクラブってそもそも何?って方もいらっしゃると思います。Twitterをやっている方ならば、リツイートで”たくさんのオタクがぐるぐる回りながら何か叫んでいる”動画等を目にしたことがあるかもしれません。
全てがああだとは言いませんし、多少語弊はありますが、まぁ大体あんな感じのイベントです。
イベントの趣旨は”爆音で流れてくるアニメソングを聴いて気分を上げよう!”というもので、オタク用語に言う”高まり”であったり”優勝”を、周りのオタクと共有できる場になっております。
街中を歩いている時や暇潰しに入ったカフェ、何気なく見ていたテレビのBGMなどで好きなアニメソングや思い出の曲が流れて”高まった”経験のある方は、かなり適正があると思います。身に覚えのある方は是非1度立ち寄ってみて頂けると嬉しいです。

さて、ここまではアニソンクラブイベント(以下アニクラ)の説明をしてきましたが、実はこういったイベントにもこえけん!は携わっていたりします。
こえけん!には「ダンシンテェイギェアーズ(以下ダンテ)」という内部サークルが存在しており、定期的にアニソンクラブイベントを開催しています。

そんなアニクラなのですが、今回我々ダンテは早稲田の「Waseda Anison Kids!」さんとコラボさせていただき、「アニクラ早慶戦」なるものを開催させていただく運びとなりました。
実はアニクラ早慶戦、過去に開催されたことがあり、今回が2回目になります。前回がかなり盛り上がっていた分、イベント運営チームもより一層気を引き締めて挑んでいる所存ですので、興味がある方はは是非 2019年 7/6 (土)13:00〜秋葉原MOGRAまで足をお運びください!
参加者による投票で勝敗も決める予定なので、あなたの1票が大局を動かします!

twipla ←詳細

以上アニクラの告知でした。お目汚しすみません。

 

それでは次のテーマ「2019年上半期オタク楽曲10選」の方に入りたいと思います。

 

まず何故”楽曲”の話をするのか、と言うところから。アニメを見る際、アニメのOPやEDは飛ばしていらっしゃる方も大勢いると思います。それも一つのアニメの見方だとは思いますが、僕はアニメのOPやEDもアニメを構成する重要な要素の一つだと捉えています。

言ってしまえば、単純にアニソンが大好きなので、今回”楽曲”についての記事を書こうと思ったわけです。

次に、今回「オタク楽曲」と括らせていただきましたが、何故”アニメソング”ではなく”オタクソング”なのか、というところも話しておきましょう。
違いは明白です。アニメのタイアップ曲か、アニメソングを含むオタクカルチャー全般に属する楽曲群か、と言う点にあります。

“二次元のオタク”と言えば当然真っ先に浮かぶのは”アニメオタク”だと思います。
ところが近年、”アニメに縛られないオタクカルチャー”もかなり進出し、一定の地位を築いてきました。
未だ根強い人気を誇るVOCALOIDや、目下その躍進がとどまることを知らないVtuber、キャラクターとそのキャラクターの歌唱をメインコンテンツとした二次元アイドル作品。はたまた美少女ゲームなんてのはかなり長い歴史を持っています。

これらのオタクカルチャーは得てして”楽曲”と深い結びつきを持っており、そういったアンダーグラウンドな”オタクカルチャー全般”を捉えて今回”オタク楽曲”と定義させていただいたわけです。

ここまでなんだか大層な話をしてきた気がしますが、もちろん僕の知らないオタク楽曲なんてこの世にごまんと存在しますし、音楽の嗜好は個人の感性に大きく左右されるものなので、あくまで、「(宮川が選ぶ)2019年上半期(5/28現在の)オタク楽曲10選」であることを念頭においてこの記事をご覧いただければ幸いです。
あと僕は音楽知識等に造詣が深いわけでもないのでこの曲のこんなところが好き!レベルであることはご理解ください…。

前置きが長くなり過ぎてしまいましたね。早速本題の方に入りたいと思います。10選、とさせていただきました通り、ランキング付けを意図したものではないため、掲載していく順番等に楽曲間の優劣が無いことは一つ頭に入れておいてください。

 

(楽曲名)/(アーティスト)/(作曲家) (編曲家) の順で記載していきます。サクッと行きます。

 

 

1.星をつなげて/Gothic×Luck/じん

 

 

超人気アニメ『けものフレンズ』の続編(?)、『けものフレンズ2』のEDです。
アーティストのGothic×Luckは同作でカタカケフウチョウ役を担当する八木ましろと、カンザシフウチョウ役の菅まどかによる声優ユニット。作曲家はボカロ界に名高く、一世を風靡したじん(自然の敵)P。
軽快に跳ねるようなエレキギターとピアノサウンドが特徴的な四つ打ち楽曲で、キャッチーなメロディーラインもじんらしさが見えます。Gothic×Luckの2人の声も透明感があって可愛らしくポップな曲調にマッチしています。
僕はこの曲の、ポップだけどどこかノスタルジーを感じさせる歌詞や雰囲気がとても好きで、一時期めちゃくちゃヘビロテしていました。個人的な聴きどころはBメロとCメロ。

 

 

2.Colorful☆Wing/グリペン(CV.森島優花),イーグル(CV.大和田仁美),ファントム(CV.井澤詩織)/NAMI

 

 

こちらも2019年冬期アニメの「ガーリー・エアフォース」のED。本作のメインヒロイン3人の声優が歌唱を務めるキャラクターソングとなっています。作編曲のNAMIさんはI’ve所属のクリエイターで今後活躍も見込まれます。
I’veを感じさせる豪快なシンセとかなり重いドロップの、トランスちっくなイントロとから打って変わって、ボーカルが入ると裏の音作りは簡素に、しかしキリッとしていてリズミカルかつ軽いタッチのパーカッションというメリハリの良さがクセになります。サビに入った後のシンセの伸びが気持ち良いです!!The 打ち込みといった感じで音の幅が広いのも聴いていて飽きません。BPMも落ち着いていて歌詞も希望を感じさせ背中を押してくれるような気がするので、聴く人をゆったりと元気にしてくれます。

 

 

3.Hello My Stage!/Alt!!/40mP

 

 

Alt!!は現在活躍の幅を広げている新進気鋭の3人組Virtualアイドルユニット。今回40mPとタッグを組んでこの楽曲を発表しました。
40mPと言えば、VOCALOID楽曲でその名を成し、今はイナメトオルとしても活躍している実力派のトラックメイカー。
この曲も40mPらしい爽やかで明るいポップスを基調に、ピアノのメロディやリズミカルなドラムサウンドが心地よく、イントロや間奏部分、Cメロのエレキギターの主張も40mPを感じさせてくれます。落ちサビがマジで良い!!!!!!
あらゆる面で素人と捉えられがちなVtuberですが、しっかり3人の声の特徴がプッシュされていて、伸びも良いです。思わず体を揺すりたくなる一曲。Alt!!は他の曲もめっちゃ良いので今後に期待できる良いユニットだと思います!!!!

 

 

4.O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!/久川凪(CV:立花日菜)、久川颯(CV:長江里加)/烏屋茶房、篠崎あやと

 

 

こちらはアイドルマスターシンデレラガールズから。諸々の事情で新アイドルにいきなりCVが付いていると物議を醸していた時期に登場した2人でしたが、現在では難なく受け入れられたようで良かったです。
実は僕、久川凪さんに一目惚れしてしまいまして、そんな補正もあってこの曲が大好きだったりします。もちろん補正抜きでも大変良い曲なので、ここで紹介しようと思います。

歌唱は双子のキャラを担当する立花日菜さんと長江里加さん。作編曲はこちらもボカロ畑出身の烏屋茶房さんとMassive New CrewのJavelin(寿司)あらため篠崎あやとさん。両名とも音楽クリエイター事務所「TOKYO LOGIC」に所属なさってますね。烏屋茶房さんは他にもシンデレラに楽曲を提供なさっていますが篠崎あやとさんは初提供です。曲は全編を通して澄んだ高音が気持ちよく明るく軽やかな感じです。もうお分かりかもしれませんがぼくはこういう曲が大好きです。
よく音ゲーに楽曲を提供なさっているだけあってゴリゴリの重いキックが篠崎さんの編曲部分に色濃く出てますね(偏見)。音ゲーよくわかんないけど。
歌唱面ではキャラクターの色がかなり出ていてそういう曲を書かせるとシンデレラは上手いなぁって思います。色々聴きどころはあるのですが、なんと曲がラジオの収録シーンから始まります。歌詞に頻出する「オクシモロン」とラジオネーム「オモシロクン」がアナグラムになっていたり色々こだわりが見えてめちゃんこ好きです。
2人の掛け合いやラップパートなんかもあったり、キャラのダンスがとても可愛いのも好印象です。あとキャラがめちゃくちゃ可愛いです。

 

 

5.異世界かるてっと/アインズ(日野聡)、カズマ(福島潤)、スバル(小林祐介)、ターニャ(悠木碧)/大石昌良

iTunes

TVアニメ「異世界かるてっと」のOPです。歌唱はコラボしている4作品の主人公の声優が務めています。
楽曲を提供していらっしゃるおしゃべりクソメガネこと大石昌良さんと言えば、近年のアニソンシーンにおいて切っても切り離せないシンガーソングライターですね。O×Tとしても活躍していらっしゃいます。
ご本人が以前、アニメソングを書く際にはアニメの世界観を大事にしている、とおっしゃっていましたが、この曲もズバリドンピシャで、歌詞に作品の個性が色濃く現れています。曲調も大石昌良らしさ全開で、賑やかなバックサウンドやキャッチーなメロディーが特徴的です。
個人的にコラボ元の4つの作品が大好きで、つまるところ激アツ俺得アニメなんですけど作品人気の割にはあんまり話題にしてる人多くないですよね。EDはヒロイン4人が歌ってます。こっちもめちゃくちゃ好き。

 

 

6.silent days/あま津うに/渡辺拓也

 

 

ロッカンミュージック! アニメ「女子かう生」から。こちらも春アニメのタイアップです。
作編曲の渡辺拓也さんはかなり大御所の作曲家と言った感じでかなり長いことアニソンアーティストや声優アーティストに楽曲を提供なさっています。かなり色々な楽曲を書かれる方ですが、この手の疾走感と透明感のある曲は僕的にかなり打率が高いので歓喜。
歌手のあま津うにさんは2018年から活動を始め、この曲がメジャーデビューシングルとなります。かなり透明感のある歌声で僕の好みにも合致してます。
さて、曲なのですが、疾走感あるど真ん中ピアノロックです。僕はこの曲のサビを「Stella-rium/鹿乃」と「ENERGY/earthmind」を足して1.8で割った感じ、と表現しているのですが、わかる人はわかってくれると思います。曲の進行的にもどこか聴いたことあるような耳馴染みの良い感じがします。
カップリングの「春とウソツキ。」もめちゃくちゃ良い曲なので聴くべし!

 

 

7.サウダージブルー/田中あいみ/seraforest

 

 

2019年春にソロデビューした声優の田中あいみさん。声優としてはうまるちゃんのイメージが強いかもしれませんね。当時から楽曲を歌いこなすテクニックは相当だったですし、色々な二次元アイドルコンテンツで場数を踏んで、満を持してのソロデビューという感じで今がちょうどジャストタイミングな気がします。天晴れ!
作曲のsoraforestさんは最近活躍なさっているトラックメイカーさんで、Neko Hackerと聴けばそっち方面にアンテナを張ってる方ならピンと来ると思います。Neko Hackerさんの曲ではDaydreamが大好きです。溜め方と音作りが天才!
さて、そんな本曲ですが夏を感じさせる爽やかで突き抜けるギターのバンドサウンドと、少し幼さの残る、でも伸びのあるボーカルにのせた歌詞の相性がズバ抜けてます。やっぱり爽快感があって透明度の高い曲が最強なんですよね。
田中あいみさんのデビューミニアルバム「コバルト」はめちゃくちゃ質の良い音楽が4曲も聴けるので買ったほうがいいです。TSUTAYAには並ばないタイプの音源なので注意。

 

 

8.Life is tasty!/燦鳥ノム/じん

 

 

こちらはVtuber燦鳥ノムさんの初オリジナル曲。燦鳥ノムさんがサントリーの広報Vtuberという事で、この曲はクラフトボスのイメージソングともなっているようです。もう何度透明感ってワードを使ったか覚えてませんが、燦鳥ノムさんも透明感ののある歌声が持ち味で、歌ってみたを何作か投稿なさっています。
作曲は「星をつなげて」で前述したじんさん。メインはバンドサウンドですが、この曲では珍しくストリングスが強調されており、曲をのびやかに彩っていて僕的にはめちゃくちゃ好みです。しっかりピアノも主張していて、そこも僕のツボ。たぶんここまで来ればみなさん僕が好きそうな曲を理解していただけていると思うので、多くを語る必要はないんじゃないかなって思います。
繰り返し歌われるパート部分にフィルターをかける演出も聴く側を飽きさせないでかつ世界観に引き込んでいくようなテクニック(?)ですごいなぁと思わされます。じんさんらしくシンコペーションを多用しているのもノリの良さをマシマシにしていると思います。

 

 

9.ソーダフロート(静凛イメージソング)/Atelier LadyBird

 

 

こちらもVtuber(正確には分類が違うが割愛)のオリジナルソングですね。にじさんじ所属の静凛さんですがこちらの方も透(ry。
作編曲のAtelier LadyBirdさんは僕の推し音楽制作ユニットで、この曲を作るバックグラウンド等もTwitterで公開なさっているのですが、とてもよく研究なさっているんだなってめちゃくちゃ感心しました。

ブログ

僕がなんか適当に言ったとしても薄っぺらくなっちゃうと思うので具体的に興味がある方は読んでみてください。歌詞とかの凝り具合もすごいです。
曲の構成はリズミカルなギターと色々な音を多用したドラム、特に軽いハットが特徴的です。全体的にめちゃくちゃ好きなんですが、個人的には特にCメロがめっっっっっっっっっっちゃ好きです。音が神!!!とても涼やかでノスタルジックな気分にさせてくれる曲です。

 

 

10.群青インフィニティ/東山奈央/東山奈央 WEST GROUND

 

 

10曲目、色々な面でかなり悩みました。悩んだ結果群青インフィニティをチョイス。ヤバいです。疾走感がヤバい。落ちサビがヤバい。本当に聴いてると突き抜けてどこまでも澄み渡った雲ひとつない快晴が脳裏に浮かびます。落ちサビが神!!!!。いや、本当に落ちサビでしっかり落ちる曲がめちゃくちゃ好きなんですよね。歌詞は挫けても立ち上がって前を向け!!みたいなめちゃくちゃエモいやつです。聴いた事なかったら本当に聴いたほうがいい。

 

 

 

というわけで長々と失礼しました。以上が宮川の選ぶ「2019年上半期オタク楽曲10選」です。どうだったでしょうか?僕的に選曲自体はすんなり決まっていたので特に悩んだりはなかったですね。好みが似通っていて理解を示してくださる方がいたらうれしいです。
ここまで読んでくださった方はそうそういないと思いますがお疲れ様です。付き合ってくださってありがとうございました。

 

次の更新ですが、年度もまたいで新入生も加入した事ですし次の世代にバトンを投げたいと思います

Sweet Smile Merry go round!!!

つい最近入学した思っていたら、いつの間にか11期を迎え、いつの間にか上級生となっていました。時の流れとは恐ろしいですね…。

というわけで、中間テストやらレポートやらで更新が遅れてしまいました。申し訳ございません。最近バトルガールハイスクールのサービス終了で病み気味の10期大島です。今回は5/5(日)に行われた日向美ビタースイーツ(以下ひなビタ)×ここなつ~Sweet Smile Merry go round~(以下SSM)について書いていこうと思います。

そもそもひなビタとはなんだという方のために簡単な説明から入りたいと思います。ひなビタとは音ゲー曲のコンポーザーであるTOMOSUKEさんが監修するメディアミックス企画、およびそのストーリー中に登場するバンドのことを指します。ストーリーは基本的には公式HPとFacebookにて更新されており、今回のライブで楽曲はほとんどがストーリーに関連するものとなっておりますので、気になる方はご確認ください。

それでは、さっそく今回のライブについてですが、ひとことで簡単にまとめると
“ひたすらこちらの期待するものを超えてくる”
”昼夜あったら全通しろ”
そんなライブでした。(いや、ふたことだけど)もうほんとこれに尽きる…。

とりあえず詳しいことの前にセトリを上げておきます。

1.ミライプリズム

2.凛として咲く花の如く

3.キミヱゴサーチ (かめりあ)

4.温故知新でいこっ

5.Finally Dive (kors k

6.乙女繚乱 舞い咲き誇れ

7.コンフェイト*コンチェルト (U-ske)

8.革命パッショネイト

9.ロンロンへ ライライライ!

10.都会征服Girls(まり花、一舞、咲子)

でぃぞビタ♪

11.メンバー紹介

12.モラトリアムノオト

13.キズナ

14.双星ルミネセンス

15.くらげファンタジーソーダ(まり花、咲子、心菜)

16.走れメロンパン(全員)

17.チョコレートスマイル(全員)

encore

1.ツーマンライブ(全員)

2.ナナイロライト(全員)

(らしいね。行ってないから知らんけど。)

 

1.ミライプリズム

2.凛として咲く花の如く

3.ポメグラネイト (Ryu☆

4.スイーツは止まらない

5.ムラサキグルマ (はるなば)

6.熱情サパデアード

7.ロンロンへライライライ!

8.革命パッショネイト

9.ベビーステップ (U-ske)

10.滅びに至るエランプシス(咲子、まり花、心菜)

でぃぞビタ♪

11.メンバー紹介っ!

12.カタルシスの月(一舞、夏陽)

13.ホーンテッド★メイドランチ(咲子、まり花、心菜)

14.走れメロンパン(全員)

15.チョコレートスマイル(全員)

encore

16.ツーマンライブ(全員)

17.ナナイロライト(全員)

見ていただくと(わかる方には)わかると思いますが、なんとコンポーザーさん方がDJとして来てくださいました!特にRyu☆さんとか直前まで関西いたんですよね…。弾丸帰京とかいうツイートが見えたときはまさか…とは思ったけどほんとに来てくれるとは…。続いて、はるばなさん。ムラサキグルマは公募曲でありながら、ここなつの公式曲と同じタイトルのつけ方がされているんですよね)。(カタカナ7文字かつ二単語というルール)ここからもここなつリスペクトが分かる…。そしてご自身が作曲したムラサキグルマでお皿を回しに来てるんですよね。バケモン。U-skeさんのベビーステップ、暴れた。
ここで一つ目のプレミ。昼公演かめりあ、kors k来てんじゃん…。(個人的な話になりますが、僕はかめりあ、特にかめりあfeatななひら曲のオタクです。はじめまして。)

DJ陣の方々の話はこの辺にしてセトリに触れていきたいと思います。一曲目ミライプリズム。
え…?凛花(凛として咲く花の如く)じゃないん…?
率直なところ、SSP、SSPPと一曲目凛花で来ていたのでこれには少し困惑しました。(もちろん、ミライプリズムも初めに持ってくるにふさわしい曲なんですが)
これで、あぁ、凛花回収できないんやとなったところで聞こえてくる…
咲子「春深く夢の輪郭を…」
ひっくり返りましたね。ほんとに読めない…。この時点で軽く錯乱状態みたいになっていたと思います。そこにポメグラネイトでRyu☆登場(これについては上で書いたので省略)。とりあえずここでトークが入って、ひと段落。このあとの曲を予想しながらメンバーのトークを楽しみました。

そのあとのスイーツはとまらない。
うーん…。(いや、好きだけども…。好きだけど、それ今流したら昼のセトリ的にこの後絶対革命パッショネイト回収できないやん…。)
というようなちょっと複雑な気持ちになりましたね。ごめんなさい…。
(このあと、ムラサキグルマで発狂したのは言うまでもないので省きます。)
そのあと、まぁ予想通り熱情のサパデアート来るよね。という感じでまぁまぁ斜に構えたオタクになりながら次の曲を待ってました。

ロンロン来たね。これに関してはほんとにライブで回収したほうがいいと思います。単純にめちゃくちゃ楽しいので。
そして、ロンロンでぶち上げてからのまさかの革命パッショネイト。絶対来ないとか言っててすみませんでした…。TOMOSUKEおじさんに一生ついていきます…。
(ベビーステップ略)
そこそこ高まったあとでそろそろでぃぞビタ♪来るかな。となったところで物議をかもす(?)まさかのエランプシス。曲はもちろん好きなのですが、なんかりんりん先生干されてる感じがして正直あんまり…

このあといつも通りでぃぞビタ♪さんのパフォーマンスとメンバー紹介(これは実は聴いた方がいい。jet coaster☆girl、cosmic agenda、空言の海はポップンとたぶんギタドラの曲なんですけどぜひ聴いてください!)をはさんでカタルシスの月。
さすがに倒れましたね…。まぁりんりん先生と一舞の曲なのでりんりん先生また干されてるんですけど、いぶなつ(一舞×夏陽)が良すぎたね…。

このあとはまぁ御覧の通り、エモめの強い曲が並んでて号泣しながら楽しんでまぁまぁよかったなぁという感想でライブが終わろうとした時、急に入ってくるりんりん先生とめうめうの掛け合い…
りんりん先生は干されてなかったんや…。TOMOSUKEUしか信用できねぇ…。
などと思いつつ流れていくスタッフロールを眺めていたら

””ちょっと待つめう!!!!!””

急にめうめうがカットインしてきてまさかの五十嵐さんからのシークレットメッセージが…!!!
というわけで次のライブ&めうめうの参戦が確実なものとなりました!!!

というわけで本当にすべてがいい意味でひっくり返される最高のライブでした…。
次のライブはどんなメンバーになるのかな…。りんりん先生ワンチャン来ないかな…など思いを巡らせつつ、このへんで締めさせてもらいたいと思います。

最後に、大事なことなのでもう一度だけ言わせてください。
昼夜あったら全通しましょう。僕はもう二度と双星ルミネセンスを回収できないかもしれません。かめりあがDJするキミヱゴサーチなんておそらく二度と聴けないでしょう。悪いことは言いません。

全通しましょう。ありがとうございました。

次のブログ更新ですが、10期最強雀士であり、アリゾナへの留学を控えている10期の宮川君にお願いしたいと思います!

 

AJ2019

今年度もいよいよ終わりに近付き、新年度に向けての準備で慌ただしい生活を送っている様々なオタクに、新しい風を呼び込み、活力を与えてくれる、国内最大級と言っても過言ではないイベント、それがAnimeJapan(以下AJと略記)である。

てなわけで、今回のブログを担当する10期の三沢です。3/23(土)、3/24(日)に行われたAnimeJapan2019に参加してきたのでその話なんかを。

「AnimeJapan」という名称に変わってから6回目ということで、月日の経つ早さに驚かされつつ、私もAJに向かったのですが、待機列に並びながらSNSを眺めている際、リプでこんな事を言われたんですね。「よくこんな朝早くから並べるね?開演しても歩きっぱなしだしAJキツくて無理だわ」と。まあ気持ちは分からないでもないんですが、今並んでる奴に対してそういう事言う奴さぁ……

ともかく、実際のところ、AJはスペシャルステージ以外は殆どスタンディングだから、1日しっかり回ると本当に疲れます。では、それをもってしてもここまで人を集める、AJの魅力とは何なのでしょうか。

例えば、距離感。広いスペースを使っているとはいえ、一つ一つのブースは小さいため、必然的に声優との距離は近くなります。とはいえ、お渡し会などに参加するオタクからするとそうでも無いらしいですが。他には、ブースの豊富さ。年々参加団体が増えてきており、一日ではとても回りきれないぐらい本当に数多くのブースが存在してますね。ただ、これについても、正直アニメのオールジャンル全てに興味がある人なんてそうそういませんから、自分に興味のないブースが増えたところで…なんて話もあるでしょうか。そうするとやはり、チケット料金の安価さ。これが1番の魅力になりますかね。初年度に比べればチケットの料金は上がっていますが、1日あたりチケ代が2000円弱というのは、アニメ系のイベントの中では頗る安い方でしょう。

実際に、2日間で私が観覧したステージは以下の通りです。

AJ 1日目

①10:50~11:25 ぼくたちは勉強ができない

②11:35~12:10 超平和バスターズ

③12:50~13:25 荒野のコトブキ飛行隊

④13:30~14:30 八月のシンデレラナイン

⑤14:00~15:00 ラピスリライツ

⑥15:30~16:00 劇場版LAIDBACKERS

⑦16:00~16:40 トリカゴスクラップマーチ

AJ 2日目

⑧10:30~11:05 ぼくたちは勉強ができない

⑨11:20~11:50 RELEASE THE SPYCE

⑩12:40~13:15 通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?

⑪14:00~14:30 世話焼き狐の仙狐さん

⑫14:20~15:00 可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

⑬15:50~16:30 ハイスコアガール

こんな感じで、私の場合は、2日間で計13個のステージを回ることが出来ました。どのステージもそのアニメやゲーム等に沿ったトークコーナーが練られており、中々に面白かったです。特に、①や⑤のステージでは、声優さん達によるミニライブもあり、フェス系のイベントとは思えない程満足感を得られました。残念ながら、次のステージの為に途中で切り上げたものもありましたが、両日合わせて約4000円でこれだけの数のイベントを回り、様々な声優のトークを聞くことが出来たのは、オタク冥利に尽きるという感じですね。

普通にそれぞれのトークイベントに参加しようと思ったら、安く見積もっても1回あたり3000円くらいは覚悟しなくてはならないのが普通ですから、ステージの時間が多少短いことを考慮しても、この程度の金額で済むのは、コスパの観点から言って、本当に、本当に素晴らしい。フェス系のイベントは人が多くて苦手、という人の気持ちは死ぬ程わかります。けれど、事前にある程度回るステージや場所を見繕っておけば、楽しめる部分はかなりあります。特に、今まで食わず嫌いをしてフェス系のイベントを避けてきた人は、是非、予めどんなイベントがあるのか、事前調査をしてから、フェスの会場に向かってみて欲しいと思います。しっかり計画を立てておけば、単一のイベントに匹敵するほどの、充実感のある一日を過ごす事が出来るはずです。

次のブログですが、好きなコンテンツのライブを近くに控えている、10期の大島くんに頼みたいと思います。お楽しみに!

Pripara Friendship Tour 2019 プロミス!リズム!パラダイス!感想

試験がだいぶ前に終わって春休みを謳歌できる期間が大学生は長いですね。その長さにかまけて更新をだいぶ送らせて申し訳ありません…

というわけで留年の危険に毎日怯えている10期の関根です。

 

今回自分が徒然と書かせていただくものは2月の舞浜アンフィシアターであったプリパラのツアーについてです。プリパラは大学に入ってから履修を開始したんですけど、見事にハマってしまいましたね。プリティリズム、プリパラ、プリチャンは一般的には女の子が見るものですけど、大学生オタクが見ても胸にくるものがありますよね。プリティーシリーズで現在放送してるのはプリチャンなんですが、初代のキャラが出てきたり、当時から見てる女の子とかは‘エモい’と感じると思うんですよね。いい曲すごい多いので、機会があればTU◯AYAさんとかで借りてみてください!

 

内容をプリパラのツアーの話に戻します。今回のツアーの開催は去年のウィンターライブで発表されたんですが、最初は「今プリチャンやってるのに一個前のシリーズのライブやんのか…しかもツアーで…(歓喜)」って感じでしたね。一回区切りをつけたコンテンツにこんなにアフターケアしてくれるのってかなり嬉しいですよね。まして自分はプリパラのアニメをリアルタイムで追えていたわけではなかったので、嬉しさが爆発してましたね。

しかも運良いことに自分はアンフィ2日とも昼夜チケット取れていたのでプリパラと自分は結ばれていると思いましたね。ライブの内容に全部書いていると読者の方が読むのに一年かかると思うので、特に印象に受けたところをかいつまんで書かせていただきたいと思います。

 

〜1日目〜

最初にmake it から始まり「make it出すの早いな…」と思っていたら、プリパラを見ている人であれば絶対好きになるlove friend style という本質楽曲が来て、体中から喜びが出てしまいましたね。自分はDressingPaféっていうグループが好きで、特にchange my worldっていう曲が好きなんですよ。それが当日歌われて楽しすぎたんですが、それだけじゃなくキャラを演じてる澁谷梓希さん、若井友希さんや山北早紀さんが客席まで来てお渡し会かという近さで歌われていたので血圧150超える寸前でしたね。Miss.プリオネアではしゅうか演じる朝日奈丸佳さんがやっぱり可愛くてやばい以外の感情がありませんでした。何回聞いてもMiss.プリオネアはいいですね。Cメロがズルいズルい。

1日目で一番熱かったのはトンでもsummer adventureが流れたことですね。この曲はプリパラ2ndシーズンの曲なんですけど、2ndシーズンの曲ってあんまり流れないんですよね。楽しいしか言えないぐらい語彙力皆無になる曲なのでこの曲が流れるのは本当にズルい。こんな感じで1日目は2月の寒い気候とは裏腹に汗をびっしょりかくライブでしたね。

 

〜2日目〜

2日目は何と言っても朗読が良すぎましたね。1日目の朗読も勿論良かったんですけど、2日目はエモさマックスでしたね。朗読はグループごとにやるんですが、マイ☆ドリームの朗読がずば抜けていましたね。マイ☆ドリームのゆい(cv伊達朱里紗さん)が他のメンバーとの会話で毎日らぁらと電話していることを明かした時に、アイドルタイムプリパラ本編ラストでのゆいとらぁらとのお別れの時に放たれた「さよならだけど、さよならじゃない」を実感させてくれましたね。プリパラというアニメが終わっても彼女達の物語は終わらないんだって強く感じさせてくれて、泣いてしまいました。アニメが終わってもそのストーリーの終わりを感じさせてくれないコンテンツ本当に最高ですね。

 

こんな感じでライブについての感想を終わらせていただきます。ライブの感想かなりあっさり書いてしまってすいません。この文章で少しでもプリパラの良さが伝わればいいなと思って書かせていただきました。ここまで読んでいただきありがとうございます。さて、次のブログ担当ですが、10期の三沢くんにお願いしいたいと思います!