昨年のAqours振り返り

新年あけましておめでとうございます!(今更)

皆さんいかがお過ごしでしょうか、こえけん!9期の島原と申します。新年早々、初めてブログを任されることとなりました、温かい目で見守っていただければと思います…

さて、ぼくが今回お話したいことは去年激動の一年を繰り広げたラブライブ!サンシャイン!!という作品とその作品のグループAqoursについてです。2017年、ラブライブ!サンシャイン!!は1stライブから始まり、アニメ2期の終了というありえんスピードでコンテンツが動いておりました。その後も2nd live tour、Aqours fan meeting & live tourの前半戦を終えるなど、ファンにとっても非常に濃密な一年となったことでしょう。このAqoursの去年の活動とアニメ2期について振り返らせていただきたいと思います。

はじめの1st live。このとき自分はまだ受験生であり、試験と日程が被るという盛大な嫌がらせを受けていたのです。去年の心残りはこれに尽きるといっても過言ではないと思います。18人の晴れ舞台を刻めなかったのはとても悔しいですが、BDを見ることにより精神の安寧を保ちました。ワテクシの推しであるところの鈴木愛奈さんが夢見ていた横浜アリーナのステージでの晴れ舞台、本当にあっぱれでした。特に印象に残っているのが、逢田梨香子さんによるピアノ生演奏の「想いよひとつになれ」です。最初の演奏で逢田さんがミスをしてしまい、泣いてしまったところではグッとくるものがありました。たった3か月という短い期間で今まで触れたこのなかったピアノを大勢の観衆の前で披露しなければならないのは相当なプレッシャーであったのだな、というのがとても伝わってきました。しかし、8人によるフォロー、そして何よりもファンの応援に感動しました。ファンも温かく見守ってくれる素晴らしいコンテンツであるのだな、と映像越しに感じ取ることができる素晴らしいライブでした。9人にはこれからも夢をかなえ続けていってほしいと思ったライブです。

そしてその次に始まったのが2nd live tour。ここからは、自分も積極的に参加させていただきました。名古屋初日、埼玉両日に参戦させていただきました。受験期に我慢していたものがすべて解放されましたね。Aqours、本当に素晴らしい、という感情を抑えずにはいられませんでした。初参加となった名古屋公演の開幕で流れたhappy party trainでは席が近かったこともありますが、キャストの皆さん全員の姿を生で見ることができ、気持ちの整理がつきませんでした。あ、今自分は待ちわびていたAqoursのステージを見ているのだ、という感情がこみあげ、ライブの序盤は無心状態になっていました。一番印象に残っているのが「G線上のシンデレラ」。3年生組の皆さんの美しいドレス姿に心奪われたのは決して僕だけじゃないはずです。この曲は埼玉公演では披露されなかったので、現地で聴くことができたのは非常にアドであったと実感しております。初日が終わった後は、帰りに沼津により、のんびりして帰宅をしました。つづいて埼玉公演。ついにツアーもファイナルか、と楽しみにしていたものがもうすぐ終わってしまうという複雑な気持ちを抱えながら迎えた公演です。個人的に一番印象に残っているのが「guilty eyes fever」です。この曲は、麻薬並みの中毒性を持った曲だと思っています。一回聴くと頭からなかなか離れない。あいきゃんのキレッキレのダンス、とキレッキレではないけれど頑張っているあざかわあいにゃのダンスが共に見れ、優勝の2文字しかありませんでした。そんな楽しい2日間も一瞬にして終わってしまいました。埼玉の2日目であんちゃん(伊波杏樹さん)が「これからもわたしたちについてきてくれますか?」といったとき、「あ、これからもついていこう」という強い感情が僕の中で芽生えました。とはいいつつもAqours名義のイベントは非常に多く、ファン側がついていくのも非常に至難なものでした。何よりも、全国を駆け回ったキャストの皆さんが一番大変だったことは間違いありません。Aqoursの18人、本当にあっぱれです。

ライブに関するパートはここまでにして、続いてアニメ2期についてお話させていただきたいと思います。

2017年秋に始動したラブライブ!サンシャイン!!2期。1期から1年経過して始まるという、無印の時と同じ始まり方。アニメの始まりは基本的には明るいことが多いですよね。しかし、開幕から告げられる浦の星女学院の統廃合。1話目からどことなく暗い雰囲気を漂わせていたので、不安な気持ちが強かったです。それでもやはり、最後には廃校を回避して終わるのだろう!という考えを持って観ておりました。廃校を止めるために頑張っていくAqours、どことなく先輩たちの面影を感じながら毎週楽しみに応援しておりました。しかし7話で迎える急展開。鞠莉の父親から求められた入学希望者人数に2人足りず、まさかの廃校を阻止できず…。浦ラジでも言っていましたが、サンシャインは厳しい展開がとても多いですね。1期においても、投票人数0人という強烈な結果を背負っていましたし。でも、それらの困難を通り越して自分たちの答えを見つけていくのがサンシャインのシナリオのコンセプトとなっているのではないか、とも感じ取れます。何事も中途半端であった千歌が、軽い気持ちでスクールアイドルをやりたいという気持ちから少しずつ本当に自分たちが探していたもの、輝きを見つける物語。そういう話なのだろうなと、7話を見たときに薄々感じていました。

続いて、saint snowとの合同ライブ。常にAqoursの上に立っていたsaint snowがまさかの地区予選敗退。たった一つのミスで予選敗退するというラブライブ!の厳しさをさらに強調させるものでした。1期においても歯がゆい思いをしていたsaint snowが、2期でもこのような形で終わってしまうとは思っていませんでしたね。Saint snowもAqoursの成長に大きく貢献している存在だと思っています。一番印象に残っているのは、1期の理亞ちゃんの「ラブライブはあそびじゃない!」というセリフです。この一言が千歌の心を大きく動かしたのではないか、と自分は思っております。この一言で、スクールアイドルを真剣にやる心意気ができたのだと考えています。そんな言葉を与えてくれた、saint snowにも同様にグループ解散という悲しい結末が待っていたのです。ラブライブ!という作品は設定上毎回悲しい結果が待ち受けているのがわかってしまい、本当に胸が苦しくなりますね。2期が始まると決まったとき、どことなくコンテンツが終わる可能性が自分の頭を少しよぎってしまいました。今回saint snowも聖良ちゃんが3年生であり、この大会で解散となってしまう運命が待ち受けていました。Aqoursもsaint snowも同じ境遇である中で歌われた「awaken the power」からは姉妹の強い絆が感じられながらも、盛り上がる曲調である素晴らしい楽曲でした。

そしてついにラブライブ!決勝へ。様々な困難や展開を潜り抜け、ついに最後のステージへとたどり着きました。廃校阻止は回避できず、学校の名前を残すことを目標に頑張った9人。9人が12話では最後となるライブへの複雑な心境を抱えつつも、最後も自分たちらしく過ごそうとする9人の姿に自然と涙が出ていました。個人的に、3年生たちが全員口をそろえて、「最後は名前を残すために歌うのではなく、”Aqoursの9人”として歌いたい」という言葉には完全にやられました。1,2年生はまだユニットを組んで歌えますが、3年生はスクールアイドルとして歌えるのはここで最後となる状況で、本当に自分がしたかったのは9人そろって歌うことだったと口をそろえて言ったことから、Aqoursの絆を再実感することができ、さらに感動してしまいました。そして最後に歌われた「WATER BLUE NEW WORLD」。この曲の歌詞にある「未来へ向かおう」という部分から、9人がこれから別々の道を歩んでいく、決別の曲であることが伝わってきます。そしてその新しい世界こそが、9人で見つけた自分たちが探していた世界。またまた3年生の話ではありますが、ライブ前に学年ごとに集まって話すシーンがありますよね。そのシーンにおいて3年生が「一緒だよ!だって、この空は繋がってるよ、どんなに遠くても、ずっと、いつでも!」という鞠莉のセリフにおける青い(BLUE)空で一緒につながっている新世界がこの曲名の場所だという風に個人的には解釈しています。どんなに離れていても9人はいつでも繋がっている、なぜなら彼女たちは一緒に同じ「輝き」を見つけた仲間なのだから!そんなメッセージをこの曲から感じ取りました。12話を見てからとても複雑な気持ちに見舞われ、大学の授業もぼーっとしてることが多かったですね(笑)。こんなに素晴らしい感動を与えてくれたAqoursにとても感謝してもしきれません。製作陣、そしてキャストの皆様、たいへんお疲れさまでした!

このように2017年はAqoursがてんこ盛りの一年でした。2018年も一部ファンミ、函館ユニットカーニバルや3rdライブツアーとたくさんのイベントが待っていますね!形式上は終わってしまいましたが、まだまだコンテンツは終わっていません!自分もできる限りラブライブ!サンシャイン!!というコンテンツについていきたいと思っております。大変長い文に付き合っていただきありがとうございましたm(_ _)m

あ、次回の担当を決め忘れてしまいましたね、次回の担当は塚本君です。宜しくお願い致します。

慶應義塾大学三田祭イベント振り返り回!!

すっかり冬の到来を感じる日々ですね、皆さん如何お過ごしでしょうか。永瀬さんから引き継いだ吉村といいます。

さて、先月の下旬(11/23〜26)に三田キャンパスにて「三田祭」が行われました!  ご来場くださった方々、ありがとうございました。私達「こえけん!アニメ声優研究会」は26日に声優の吉田有里さん をお呼びしてトークショーを行いました。    (当日寒い会場で申し訳ございませんでした)

先ず、一言で述べると 素晴らしお方でした、、(直球過ぎますが)

自分が高校生の頃からお名前は度々聞く機会が多かったですが、実際にお会いしてみるとやはり魅力が違うなぁと感じましたね。今後もご活動を追っていきたい声優さんの一人になりました。ご本人は、人生で一人の学祭は2回目だそうでかなり不安に思っていたとおっしゃっていましたが、全然そんなことを感じさせないトークをするあたり役者のプロだと感じました(小並感)

イベントの内容をかるーく振り返ると、本イベントは60分の比較的短めでしたが、内容はかなりの盛りだくさんに企画できたと考えています(自分ではなくほかのサークル員が一生懸命イベント直前まで頑張って作っていました)。吉田さんにも名前で呼ばれていた三田祭司会の石川氏の開演前アナウンスを経て、開演後の吉田さんによる「塾生注目!」→お客さんの「なんだー!」の掛け声でイベントがスタートしました。塾生以外のカアには、ピンと来ないかもしれませんがこの一連の掛け声は、飲み会の席などの乾杯の際などに未だに使われています。。

オープニングが終わり次は、「吉田有里のとっておきアンサー」と称して事前にこえけんのTwitterで募集していたお悩み相談コーナーを行いました。相談内容は、迫り来るクリスマスでのぼっちについてや緊張のほぐし方等の日常生活を送る上でかなり重要になってくるものばかりで、イベントの様子を撮影していた私も夢中で聞いてしまいましたね。

続いて「爆弾連発?ルーレットトーク」という吉田さんの掛け声で止まるルーレットのお題に沿ったいわゆるテーマトークを行いました。特に印象的だったのは、声優になった経緯についてのお話でそろそろ将来のことが気になり始めている学部2年生にとっては、気になる話題でしたし、ふつーに一声優ファンとしてきちんときいてみたかったことで、会場でしっかり聞き入っていました。吉田さんはあまり真面目な話をお話しないお方だと思っていたのでファンとしても嬉しかったのでないでしょうか。

次は、「そーさく!はてなボックス」では、箱の中身が何であるか観ないで実際に触ることであてるゲームを行いました。お題は、使い古された(笑)動物のぬいぐるみや開封ばかりのカイロ、そして上半期に特に人気を博したハンドスピナーとジャンルがまったく異なった物を選びました。回答者の吉田さんは最初はかなり怖がっていましたが、3問とも最終的には全て正解されていて拍手喝采が上がりましたね。。

つづいては、「G.T.Y(Great Teacher Yuri)」として、お題に沿って1分間ジェスチャーをやっていただきお客さんにあててもらうといったコーナーを行いました。お題としては、わかりやすい野球を、2問目としてはメイドさんを、3問目は渾身のネタだった孔雀を、4問目としては男子学生の華の応援団をやっていただきました。今年のプロ野球の日本シリーズは熱い戦いでしたね(以下略)。その為もあって野球のジェスチャーではなぜか熱が入っていたかと感じました。 2問目のメイドさんのジェスチャーもアニメやゲーム関連でも今後もたくさん担当なされても良いではないかと思うほど素晴らしいできでした。4問目の応援団のジェスチャーでは、コーナー時間の都合の兼ね合いもあってさらっと行ってしましましたが、選択肢がなくても特徴掴んでいて、声優さんは表現のし方が上手い方が多いと切に思いました

イベント後半になって、最初のコーナーは数々の所謂画伯を作り出してきた「名画誕生?ゆーきちミュージアム」、いわゆる絵かきコーナーをやりました。このコーナーでは、ウェブカメラを用いて吉田さんが実際に書いている様子をお客さんにも楽しんでいただきながら1問目のサンタおじさん(これはわかりやすかった)、2問目の吉野ヶ里遺跡(絵で表現するのは難しい)を書いていただきました。制限時間内に絵を書き上げることはある程度のレベルまでうまくないとできないことだと思うので、すごいことだと感じました。本来では、他にも某ラーメン二郎の ニンニクヤサイアブラマシマシ のラーメンを女性声優に書いてもらおうというかなり難題な題材を用意していたのですが、時間の関係上今回はやりませんでした… いつかやりたいですね。

最後のコーナーとなったのは、福沢諭吉先生に擬えて、吉田さんにもゆーきち先生として4択の問題をどのくらい正解できるかみる「えらんで?四択クエスチョン」というコーナを行いました。一問目は、福翁自伝(福沢先生が書いたとされる本)からの出題でサークル員の過半数も初見では分かる人間が少なかったのですが、吉田さんがすんなりと正解にたどり着いていて、頭いいなぁと思う反面、学生はもっと勉強しないといけないと思いました。 二問目は、吉田さんの出身地の佐賀県のシルエットを当てるいわゆる地理に関する問題、三問目は和製英語とそうでは無いものの区別できるかみる問題でしたが、ここも難なく正解されており、無事にゆーきち先生よして認定式を最後行いました。 人気を保ち続けている声優さんは演技だけではなく、社会全体のことを知っている知識人なんだなとこのイベントを通じて一学生として感じました。

イベントも全てのコーナーが終わりエンディングを迎え、最後のあいさつで、今回のソロ学祭イベントに出るにあたって吉田さんがずっと考えてきたこと、さらにご自身の声優に対するスタンスについてのお話をされていて、芝居に対する真摯に向き合っている点に改めて感銘を受けて、これまでもそうでしたがこれからも吉田さんの役者としてのご活躍についてファンとしても拝見していこうと感じました。     長くなりましたが、以上が今回の三田祭のイベントについての感想とさせていただきます。拙い文章で申し訳ございません。

さて、そろそろ今回のブログも終わりに近づいて来ましたが、次回のブログを更新してくれる人を私が指名したいと思います。10月からのクールで「ラブライブ!サンシャイン!!」というアニメがもうすぐ感動の最終回を迎えようとしていますが、今夏の2期アニメ上映会現地に参加したり、ファンミーティングで札幌まで遠征に行っていた島原君にお願いしたいと思います。作品に対する愛や中の人に対する愛を熱弁してくれると思いますので、皆様、お楽しみになさって下さい。

では次回の更新までお別れです。こえけん9期2年の吉村でした。

 

るーりぃin矢上祭

みなさん初めまして!今回ブログを担当する9期の永瀬です。
さて、題名にもある通り慶應大の文化祭である矢上祭にて我らがこえけん!は人気声優の青木瑠璃子さんをお招きしてトークショーを開催しました。

青木さん自身が無類のゲーム好きということもあってイベントの各コーナーはRPGをモチーフとしたもので、タイトルもゲーム感を演出している非常に凝ったものでした。(初めて見たとき感動しすぎて目から汗が
はじめのコーナーは青木さんによる質問お悩み相談コーナー「解決!瑠璃子のパーフェクトガイド」。学祭での思い出はありますか?という質問に対しては、自分は陰キャなので大学時代は学祭には行っていなかったと話す青木さん。それもあってか大学生は学祭で彼女を作ったほうが絶対楽しいと熱弁していました。それを聞きながら大事だなあ(白目)と思う自分。
質問コーナーが終了し、お悩み相談へと移っていくと「仕事が忙しいせいでなかなかゲームをする時間が作れない」といった悲痛の叫びが。このお悩みに対する全ゲーマー必見⁉の青木さんの答えは・・・
      「人付き合いをやめる!」という衝撃的なもの。
これって参考になりますか?(小声)

次のコーナーはゆるーくトークをしていくという「ごゆるーりぃトーク」。この夏一番楽しんだことというテーマでは会場のみんなが予想したであろうスプラトゥーンという答え。今年はゲームしかやってなかったので来年こそは夏らしく海に行きたい!と早くも来年の夏の抱負を語ってくれました。(自分も今年はゲームが多かったので来年は海に行きたいわね・・・なんていうことを聞きながら思ってました。)

3番目のコーナーは「青木編集長のるりこうじえん」。このコーナーは知っているけどイマイチ説明できない、意味をよく知らない言葉について青木さんがそれっぽく説明するというコーナーでした。流石は青木編集長、出てきた単語をすらすらと説明していきました。しかしそんな青木編集長でもギャル語やスポーツ用語には疎いご様子。GHQやスプリンクラー(両方ともギャル語ですよ)といった謎用語に対して謎解説で返し、ハットトリックは忍者ハットリくん、セパタクローはつぶやきシロー(皆さん知ってますか?)のこと、などと迷回答を連発してくれました。他には落ちサビとUOについて解説するときオタクの真似をしてくれたり(落ちサビで手をたたいたり、UOをクルクルまわす皆さんがよくするあれ)をしてくれてとても楽しいコーナーでした!

そして最後のコーナーは「瑠璃子の伝説」(どっかで聞き覚えのあるタイトルだなあ)。いくつかのミニコーナーをクリアして魔王にさらわれたお姫様を青木さんが助けに行くというコーナーです。最初のミニコーナーは画面内に出た武器の色を記憶した後に色を思い出して塗っていくというもの。これは青木さんには簡単すぎたのか色を塗った後になぜかうんちの絵を描きだすお茶目さアンド余裕っぷりを見せてくれました。続くミニコーナーは役になりきって魔王の城の警備を抜けるといういわゆるエチュードコーナー。馬の真似というどう考えても無茶ぶりなお題でも馬の役(!?)を演じている経験を生かして?素晴らしい馬っぷりを見せてくれました。

そして魔王の城に侵入しいよいよ魔王と対峙!というところで最後のコーナーが開始。最後のコーナーは出題された謎を解いて魔王の弱点を見つけ出すというものでした。剣、拳、弓の中で仲間外れはどれ?という問題ではネットで話題になっていた拳で抵抗するネタをやってくれたりと青木さんによる思わぬサービスがありました。他の問題もしっかりと作られていて作成者は苦労しただろうなあなんて思ってしまいました。

4つのコーナーが終わってついにエンディング。プレゼントコーナーでは青木さんによるサイン色紙(羨ましい!)を抽選でお配りしました。お客さんだけでなく青木さん本人も終始笑顔で楽しんでくれたようで本当によかったなあと思います。

イベントが成功したのは司会、スライド、台本等の方々の頑張りに加え、青木瑠璃子さん本人の力が大きいなあとイベント内容を聞きながら改めて感じました。

青木さん本当にありがとうございました!

次のブログ担当は僕が指名・・・というわけではなく自ら手を挙げてくれた吉村さんです。期待してますよ~ 

 

夏合宿in群馬

こんにちは。9期の下山です。小島くんからの指名を受けたのでブログ担当します。

さて、こえけん!では9/13~15に夏合宿が行われました。(12日には色々な場所で合宿0日目が行われていたようです。みんな元気だなぁ・・・)。行き先は7期の某先輩の出身地である、群馬県片品村です。

9/13
合宿初日。オタクの朝は早い(?)。朝7:45に渋谷の宮下公園前集合し、約4時間のバス移動の後に宿に無事到着しました。
待ちに待った合宿での一つ目のイベントは”川遊び”でした。それぞれ泳いだりみんなで飛び込んだり楽しいときを過ごせました。自然っていいなぁ。ただ、ひとつ問題が。「・・・コノカワ…アサイ!!!」。川が案外浅くて石がゴロゴロしてて普通に飛び込みは危なかったです。
川遊びを終え宿に戻り、夕飯諸々を済ませると二つ目のイベント”2017年盛り上がり曲ランキング”をしながらの宴会です。こえけん!はお酒を強要するサークルではない(らしい)ので宴会でも安心です。事前に集計、編集をしていただいた動画を流しながらみんなで盛り上がってました。強い曲ばかりで最高に楽しかったです。

9/14
合宿二日目。オタクの朝はめちゃくちゃ遅い(緩いスケジュールでよかった・・・)。昼食をとった後、今度は自由に運動タイムです(ウェイなので)。それぞれバスケ、テニス、バドミントンなどを楽しみました。個人的には最後に集合してやったキックベースが一番楽しかったです。運動っていいですね。
夜はBBQからの花火です。夜は真っ暗で花火はとても綺麗に見えました。花火のあとは、チーム対抗のイントロクイズ。自分はたったの1回しか正解することができなかったのですが、先輩が強くて1位に・・・。
イントロクイズの次はビンゴ大会。それぞれの用意した景品をビンゴを用いて交換しました。景品はフィギュアや自作CD、同人誌やTシャツまで様々でした。景品交換後は声優ポーカーなるものをやっていたようですが自分は参加していなかったので様子は伝えることができません(聞いたところによると大変盛り上がっていたようですね・・・)。

9/15
合宿最終日。オタクの朝h(ry。最終日は特にイベントはなく、ゆったりする日でした。起きて昼食をとり、片品村をあとにしました。

自分は運動部系以外の合宿は初めての体験だったので新鮮でした。自由度が高く、スケジュールもゆったりとしていて、大変過ごしやすかったです。気温も夏にしては涼しく(むしろ寒いくらい)、都会のように人がゴミのようにいることもなく静かで、夜には満天の星空・・・片品村はよい場所でした。合宿担当や、色々な企画を用意してくださった先輩方ありがとうございました!

次のブログは同じく9期の永瀬君にお願いしたいと思います。

 

初めまして!

こんにちは。そして初めまして!

9期小島です。なぜか9期トップバッターを任され、ブルブル震えております。
自分自身このようなブログを書くのは初めてのことなので、拙い文章かもしれませんが、どうか生暖かい目でみてください。

9月に入ってもう2週間が経とうとしているわけですが、あまりにも書くことがないので、8月終盤に自分が行って満足した2つのイベントについて書かせていただこうかと思います。

まず1つ目は8/21に日本武道館で行われたBanG Dream! 4th Live Miracle PARTY 2017!ですね。

僕は11時過ぎごろ武道館に一足先に到着し、物販のための整理券を入手しました。が、すでに多くの方が整理券を入手しており、整理番号は2000番台、14時から開始の物販に17時30分再集合という非常に厳しい(というかほぼ敗戦)スタートとなりました。
一度帰宅し、twitterで情報収集していると続々と完売の情報が・・・。明らかに早すぎる完売に多少の怒りを覚えつつ、17時30分に物販に並びました。結果としてはぬいぐるみと缶バッジ購入に成功し、まぁ良かったかなという感じでした。

その後先輩、同期と合流し、武道館へ入場。19時にいよいよライブがスタートしたわけですが、本当に最高という言葉以外見つからないライブでした。
ポピパってすごく楽しそうにライブをするんですよね。それにつられてこっちも楽しくなってしまう、そしてそこに一体感が生まれる。そういう雰囲気作りに加えて、もちろん演奏もレベルが高くて、演出も(本人たちがコメントしていた通り)よく考えられたものになっていて、観客を楽しませようというメンバーの気持ちがビシビシ伝わってきました。あのライブはポピパにしか作れない、そんな素晴らしいライブだったと思います。個人的にはティアドロが干されたのは解せないんですけどね!!!次に期待です!!!

2つ目は、8/27に開催されましたアニサマ3日目!!!ではなく、幕張メッセ国際展示場ホールにて行われましたC3AFAというイベントに参加しました!
僕の目的は、僕が現在最も推している声優、遠藤ゆりかさんが現在出演中のアニメ「天使の3P」のスペシャルイベントを見に行くことでした。

開場1時間前に到着し、無事に当日券をゲットしたものの入場列にはすでに多くの人が・・・。イベント観覧には整理券が必要とのことだったのでドキドキでしたが、案外すんなり取れました!(まじでよかった・・・)

イベントはトークパートとライブパートに分かれていました。トークパートでは日高里菜さんに接近しまして、一瞬で可愛いなって思いました。ニコ生でも好評だったキャストの方による懺悔のコーナーでは、井上雄貴さんの「リアルでも小学生を観察してしまった」という懺悔がかなり面白くて笑ってしまいましたw

ライブパートはOP「羽ばたきのバースデイ」・ED「楔」を聴けました。遠藤ゆりかさんに本気で接近したので大満足でした。楔の首振りも、バースデイのタオル回しも最高に楽しかったので2月のライブは絶対に行こうと決意しました!!!Blu-ray積むぞ!!!

と言った感じで8月後半の方は個人的に大満足なオタク活動ができました!今後は先輩方とも積極的にライブやらイベントやら行けたらいいなと思っております!

さて次の人を指名したいと思います!9期で書いたのが僕だけというのも寂しいので、次も9期から!下山君お願いします!

期末試験死亡遊戯

たしまです。
前回の記事読んでお菓子作りしたくなりました!今まで学校の調理実習以外でお菓子を作ったことがないので、一回くらいこえけん!のオタク達と一緒にお菓子作りをして夢色パティシエールになりたいです!!
本題です。今回の記事はテストとイベントがありました。そのレポートです。

7/23
【アニON STATION しんげきカフェ】スペシャルトークショー 7/23 2部
自分は行く予定がなかったのですが、元々行く予定であった友人が都合が合わなくなったため急遽行くことになりました。
列に並び、連番した友人と翌日のテストの勉強しつつ(彼も自分とは違う試験が翌日にある)入場すると、演者さんの前で座らないといけないエリアに入れました。
並んでいる時や開演まで待っている時に5thで流れていない曲が流れてきて(ゴキゲンParty NightとかS(mile)ING!)、ライブで聴きたいわねって思いました。
始まる前に前の人を見ると結構サイリウムを持ってきていて、一応持ってきて正解だったなあと思いました。
そして、司会の人の前説があり、大空さんと高橋さんが入場しました。
見た瞬間。大空さんも高橋さんもかわいいって思いました。
軽くオープニングトークをしてから、2人の演者さんにしんげきカフェで販売されている飲み物が渡されました。この部では、演者さんの気になる飲み物が運ばれ、大空さんは「ゴートゥーヘェールッ!!」、高橋さんは「シュガシュガスウィート☆しゅがーはぁと」を選ばれました。
高橋さんは花守ゆみりさんから教わったというしゅがは姉さんのものまねをして飲み物の紹介を、大空さんは星輝子のものまねをしていました。楽屋裏でスタッフさんに「大空さん、Go to Hellです」というくだりで滅茶苦茶笑いました。また、大空さんは飲み物に入っているタケノコを底に沈めようと頑張っていたのが見ていて面白かったです。
次にしんげき放送局と題して、事前に募集した曲の中から2人がくじを引いて、曲をかけるというコーナーになりました。
左前の人が曲紹介二回当たっていました。すげえ
ニコ生終了後、現地では限定グッズをかけた高橋さん、大空さんとのじゃんけんが行われていました。
自分はすぐ負けてしまいましたが、とても白熱していました。
そして、イベント終了後、連番した友人と明日テストだし、帰るかってなって帰りました。

7/24~28
テスト、課題レポート
辛い。早く終わって欲しかったです。テストの出来はダメでした。簡単な所を落とす、覚えたはずのことを度忘れする、やったはずのことが出来ないetc 本当に辛い。
課題レポート全然書けなかったので辛い。

7/29・30
デレマス5th 福岡公演LV
良かったです。(こなみ)
最初はやはり、Yes! Party Time。テストで疲れた心を出だしで一瞬で回復させました。
SUPERLOVE☆で更にぶちあがりましたね。特に2日目のSUPERLOVE☆は、その日が丁度莉嘉の誕生日で、感極まって山本さんが「豚骨」を流した後というということもあり、初日以上に良かったと感じました。
恋色エナジー。4thの時に比べると歌っている下地さんの表情が大分柔らかくなったなあと感じました。
おかしな国のおかし屋さん。初日の王子役が青木志貴さんだったのですが、マイクが入っておらずセリフが聞き取れず少し残念でした。2日目、王子役が春野さんだったのがとても意外で驚きました。
すいとーよ選手権。色んなアイドルのすいとーよが聞けて幸せ。みんな良かった(特に初日)。
Frozen Tears。「星が瞬く」と「指先まで綺麗に磨き上げる今が愛しい」のところの振付が好き。初日の「まだね内緒」と2日目の「ありがとう」が本当に良い。良かったですが、次回この曲が聴けるのはいつでしょうか?そう考えるととてもつらい。
Memories。渕上さんと松井さんおるから何かしらやるだろって思ってたら、はい、やられた。驚きのあまり、初日で一番声出した。本当にいいものを見たという感じでした。
Neo Beautiful Pain。曲調がカッコいい上に、ダンスが想像以上に激しく、松井さん本当にすごいと思いました。
全体を通して、座長の大坪さんは、想定外のことにも咄嗟に対応していてすごいなあと感じました。
2日目終わってしばらくした後にあとはSSA公演だけかあ、長かったけど短かったし寂しいなあと思いました(まあ、この後にはミリオン、765、sideMのライブが控えているのですが)
あと、影響されやすいので、初日のMC聴いてうまかっちゃんが食べたくなりました。

7/31
最後のテスト。テストの出来はダメでした(n回目)
やっぱり、テスト期間、しかも必修のテスト前日にイベントに行くのはやっぱりやばい。でも、イベントに行ったことに後悔はしてないですが、もっと前々から勉強しなかったことは後悔してます。
みなさん、こうならないようにしてください

テスト期間の記事のはずなのに、イベレポが大半なのは流石にダメな大学生ですね…

8/1~3
バイト
1日12時間くらい働いていました。
社畜のきもち(無感情)になりやがったですよ!

次はいよいよ今年のこえけん!の新入生(9期)に書いてもらいます!
9期のトップバッターは、こじま君です!
次回もよろしくお願いします!!

レッツら、まぜまぜ!

こんにちは!7月に入って本格的に暑くなってきましたね…。8期の木口です。

さて今回は、こえけん女子3人による活動報告をしようと思います。突然ですが皆様、プリキュアシリーズ最新作、キラキラ☆プリキュアアラモードをご存知でしょうか?自分は毎年新しいシリーズが始まるのを心待ちにしていてるのですが、今作はキャラクターもとても魅力的で飽きることもなく、毎週楽しみに見ています。そしてこの作品、お菓子と動物がテーマなので、作中で登場キャラクター達がお菓子作りをするのですが、それを元にこの度サークル員で再現してみようということになりました。ちなみに3人とも、普段お菓子作りはあまりしないので些か不安はありますが…どうぞ温かい目で見てやってください。

挑戦するのはペコリンドーナツ!完成予想図はこちらです↓

では作り始めましょう( -`ω-)レッツら、まぜまぜ〜

まずは土台のドーナツから。

市販のドーナツ粉を使って作っているので、(若干みんな手つきは怪しいですが)ここまでは順調です。さて、揚げていきますよ~

あっっ…、焦げ…いや、ちょっと焼き色がつきすぎてしまいましたね…。でも気にしない!続けてデコレーションいってみましょう!

チョコレートで覆ってしまえば全て隠蔽されますね。なかなか可愛らしく出来たのではないでしょうか!(生クリームがなぜか分離していることには触れない方向で)ペコリンドーナツの完成です!

ちなみに、最近パンケーキの焦げ目を利用したパンケーキアートというものが流行っているということで、残ったドーナツの粉でそちらにも挑戦してみました。

これが意外と難しく、試行錯誤の末なんとか完成したものがこれらです(笑)でもとても楽しいので、機会があればぜひ遊んでみてください(^^

1日で作ったものをまとめるとこちら。この後美味しくいただきました!プリキュアのサイトにその他のレシピもまだたくさん載っているので、また別のものにもチャレンジしてみたいですね☺︎

以上、長々とお付き合い頂きありがとうございました。次回は田島くんお願いします〜

最近のマイブーム

はじめまして、こえけん!で副代表をさせていただいてます、8期の高橋です。ブログを書く女子部員トップバッターになってしまいました…。すごくどうでもいいのですが、こえけん!には女子部員がすごく少ないので男の園と他のオタサーから言われているらしいです。(いい響きですね)このブログを見て来年はもっと女子部員が増えることを願います(*´ー`)

タイトルの通り最近のマイブームを2つお話しようと思います。まずは6月10日に公開した「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」(以下キンプラ)

公開初日に見に行ってから今日までまだたったの4回しか見れていなく、こちらは続編なのですが、前作のKING OF PRISM by PrettyRhythm」でも話題だった応援上映には一度も行くことができていません…。前作は5回しか見れなかったので、今回は最低10回は見れたらいいなと思ってます。

よくアニメ映画についてくる来場者特典がこのキンプラにもありまして、第1週目はフィルム、第2~4週目は上の写真の三人のなりきりうちわ、第5週目には10月21日に行われるライブの優先申込券が配布されます。きっと優先券は第5週目初日で無くなってしまいそうなので、その日は一日中キンプラを見ようと思います。

こちらは先ほど言っていたなりきりうちわです。このうちわを貰った日は平日で、授業がだるかったので大学を抜け出して(良い子は真似しないようにしましょう)六本木で映画を見たんですが、なんと劇場に一人でした!(笑)聖地新宿バルト9は平日でも満席で予約がとれないほどなので、とても貴重な体験をさせてもらいました。

あまり語ってしまうとネタバレになってしまうので、ここでは一言『まだ地球の色が何色か知らないの?』とだけいっておきます。気になった人はぜひキンプラを見てください~!

2つ目は「A3!」というソーシャルゲームです。このAはAct,Addict,Actorsという意味で、公式の言葉を借りると”イケメン役者育成ゲーム”です。よく女性向けで、かつ乙女ゲーム系だとアイドル系が一番多いのですが、(あんさんぶるスターズ、アイドリッシュセブンなど)舞台は初めて聞いたので少し気になってこの前始めました。ちなみに、ミュージカルだと「夢色キャスト」というゲームもあります。あらすじは↓

ある日、元舞台役者だった立花いづみの実家に八年前から失踪している父親宛に手紙が届いた。父の行方が分かるかもしれないと考えた彼女は、同封されていたフライヤーに書かれていた数多くの劇団が集まる天鵞絨町、そこにあるMANKAIカンパニーを訪れるが、目にしたのはかつての栄華がすっかり失われたおんぼろ劇場と、そこを潰さんとするヤクザの古市左京、彼に取り縋る支配人・松川伊助の姿だった。
聞けばMANKAIカンパニーは1000万円もの借金を抱えているにもかかわらず、千秋楽のお客はゼロ、劇団員は昨日入ったばかりの素人・佐久間咲也ただ一人だけという惨憺たる状況。彼女はそんな劇団立て直しのため、半ば強引に主宰兼総監督に任命されてしまい――? (公式より)

このカンパニーは春組、夏組、秋組、冬組の4組に各5人役者が所属していて、各組それぞれ演目にテーマがあり、今のところ、春組は童話のリメイク、夏組はコメディ、秋組はアクション、冬組はシリアスとなっています。舞台のゲームには欠かせないストーリーと演目内容が毎回素晴らしくて、飽き性のわたしでもこの先続けられそうで安心しました(笑)

ところでこのA3、演目ごとに主演と準主演がイメージソングを歌うんですが、そのCDが組ごとに出まして、そのCDジャケットの背景の場所が下北沢にあるということで友達と行ってきました。

この4箇所すべて、下北沢駅の南口を出て歩いてすぐにあるため、プチ聖地巡礼として楽しめるのがいいな~と思いました。春組のカレーパンと秋組のカップケーキもいただきました。美味しかったです(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

ここまで推しコンテンツについて書いてきましたが、これでも語り足りないくらいです…!特にキンプラの方は実際に映画を見ても30%くらいしか理解できないので(笑)

長々と読んでいただきありがとうございました!m(_ _)m じゃあ次はあいかちゃん、お願いしま~す!

 

 

婚活パーティー

こんにちは8期の岩﨑です。今回はタイトル通り5月14日に開催された婚活パーティーに行ってきた感想を書きたいと思います。とは言っても意見交換会も合コンにも参加したことのないオタクが普通の婚活パーティーに参加できるわけがなく

「洲崎西 婚活パーティー2017~タラレバ言ってもいいじゃない!~」

というイベントに行ってきたのです!一応説明しておきますと、これは文化放送 超!A&G+で毎週火曜日25:00~25:30に放送されている洲崎西という番組のイベントで、パーソナリティーは洲崎綾さん西明日香さんが務めています。
まずイベント会場の中野サンプラザに着くと、大量のスーツを着た集団が。これは今回のイベントテーマである婚活に合わせて洲崎さんが「イベントにはなるべくフォーマルな格好で、できればスーツを着て来てほしい」と指定したからなのですが、異様な空間が出来ていて思わず笑ってしまいました。
イベントが始まり、お二人も婚活パーティーで女性が着ていそうな格好(西さん曰く野球選手を狙う女子アナの格好)で出てきて早速客いじり。気合の入った格好のお客さんを見つけては晒していきます。お客さんの中には今日のためにスーツを新しく買った人もいたようです。

イベントのコーナーも婚活を絡めたものが多く以下のようなものでした。
・婚活用プロフィール紹介
・事前アンケート「結婚相手に求めるもの」のランキングを答えるコーナー
・タラレバエチュード
・結婚力5番勝負(家計対決、LINE対決、お迎え対決、お弁当対決、洋服たたみ対決)

エチュードのコーナーでは西さんが警察官役、洲崎さんが露出狂の役を演じるものと、洲崎さんが男を魅了する胸の大きなエロテロリスト役、西さんが推し以外には絶対になびかないオタク役を演じるエチュードの二つがありましたが、どちらのエチュードも酷く(誉め言葉)お二人が問題発言を残していたのも印象的でした^^;

最後の結婚力勝負のコーナーは二人の様々な面が見られる良コーナーでした。
LINE対決は夫が仕事から帰るのを待つ妻風のLINEを書いてどっちが可愛いかを勝負するというもの。西さんもかわいい文面を考えていたのですが、スライド上では連投しすぎてメンヘラみたいになっていましたね。一方洲崎さんは飼い猫のゴエモンとの自撮り画像を使った可愛いLINEを考えていて、お客さんの反応も良く洲崎さんの勝利となりました。僕も洲崎さんのLINEにはドキッとしてしまいました。
お弁当対決のコーナーはあらかじめ用意された具材を使ってお弁当を作り、二人のどっちのお弁当を食べたい人が多いかを競う勝負です。西さんは腹筋の割れた人が好きということからか、お弁当は炭水化物を少なめにしたお弁当で、色のバランスがよく取れていました。ごはんの上に海苔でスキと書いていたのもポイント高かったです。一方洲崎さんは笑いに走ったのか(?)ごはんを山盛りに敷き詰め、その上にふたが閉まらないほどの具材とゆかりを大量に乗せたお弁当で、作っている最中も笑いが起こっていました。個人的にはこのコーナーではお二人がエプロンをつけていたことで新婚感が出ていたのがとても良かったです。水着まではいかなくとも、女性声優が普段しない格好をすると新鮮味があっていいですよね。
他にも家計簿を作ってもらってどっちのやりくりが上手かを競う対決/洋服を制限時間内にどちらが多くきれいにたためるかという対決/家に帰った時のシチュエーション・セリフを考えてどちらの迎え方が良いかを競う対決があったのですが、4勝1敗で西さんの勝利となっていました。個人的には洲崎さんのほうが結婚力が高そうなイメージだったのですが意外でした。

全てを紹介することはできませんでしたが、たくさんの名場面がありエンディングまで普通の番組では発言できないようなこともぶっちゃけていました。イベント終了後はいつもそのまま帰りとなるのですが、なんとパーソナリティーのお二人が「いい男がいるか物色したい!」ということで見送りしてもらえることになったのです!他のお客さんがお二人に年収等を言ってアピールしている中、接近戦童貞だった自分は目が合っただけで照れて会釈しかできませんでしたが、お二人を近くで拝見することが出来てとてもうれしかったです。完全にトークのみだと思っていたので特別なイベントとなりました。

今回のイベントテーマは婚活でしたが、どちらかというと疑似新婚生活を妄想してもらうという要素が強かったです。お二人が自分の中身をさらけ出してくれるため、いろんな姿を見られること、また客との距離が近いことが洲崎西のイベントの魅力だと思います。今回のイベントには下は高校生、上は60代の方まで参加していましたが、その全員が楽しめるような温かくて、可愛さあり笑いありのとっても良いイベントでした。こんな風に今年のこえけんの学園祭イベントでも多くの人に楽しんでもらえるようなイベントができるといいな~と思ってしまいました。

最後まで読んでくれた方は長々とした感想にお付き合いいただきありがとうございました。次回の更新は副代表の高橋さんにお願いしたいと思います。

7GW

皆さんどうも初めまして。こえけん!8期のハシバです。5月になりまして新入生の人も上級生の人もようやく一息つけるそんな時期でしょうか。

今回は自分がこのブログ担当なんですが、内容といたしましては7日間のGWの話でございます。ではさっそく参りたいと思います。

4/29(土) 前の担当あいまい君の内容にもあったとおりBBQがありました。食材保管場所となった我が家の冷蔵庫がパンパンになり自分も内心完食は無理でしょとかおもってましたが、新入生のみんなは満足してくれたみたいで主に焼き担当だった上級生もおいしくいただきました。

4/30(日) 前代表よしきさんに誘われた縁で昨年の矢上祭にお呼びしたevery♡ing!さんとしても活躍されてます山崎エリイさんの1stライブにいって参りました。自分の席の50cm先まで山崎エリイさんがいらっしゃいましてですね。眉目秀麗著しくガチ恋を通り越して尊さを感じてしまいました。なお、隣のよしきさんはどうやら気付いてもらえたみたいで軽めの会釈をされたそうです。(本人談)

5/1(月)・5/2(火) 大学で通常どおりの2日間。ここも休みにせんかい!(# ゚Д゚)

5/3(水)・5/4(木) ここまでつらつら語ってきましたけども、この2日間は自分にとっては大きな意味を持つ2日間でした。といいますのもですね、いわゆる聖地巡礼というものをしてまいりました。行き先はこちらです。

 はい、仙台です。自分はWake Up, Girls!(WUG!)というコンテンツが大好きなのですが、そんなWUG!の舞台となっているのが仙台なのです。言うなれば全WUGner憧れの地なわけです。ちなみにみにゃみ推しです。

朝6時から活動を開始したので眩しい日差し浴びてWake Up!(物理)しましたね。朝の仙台は気持ち良かったです。天候にも恵まれたので服装のせいで風邪とか引く恐れもなくゆったりまったりしてました。

 最初はこちらの勾当台公園野外音楽堂に行ってきました。WUG!のみんなのデビューライブ場所ですね。滞在2日目にはここで何らかのイベントが行われてたみたいでまだまだ現役の聖地ですね。アーティストとしてのWUG!もここでライブをしたことがあります。

お昼もお昼で仙台名物を食べずに聖地巡礼ごはん。

 餃子の天ぱりさんです。こちらのお店アニメにそのまま出てきます。さらに菊間夏夜(CV.奥野香耶)という主人公の一人のバイト先でもあったりします。そんなもんだから店内が

 

サインまみれww
パリパリとした皮が特徴の餃子がうんめぇにゃ~(CV.田中美海)

 こちらは熊谷屋さんといいまして仙台で長く続いているお菓子屋さんですが、林田藍里(CV.永野愛理)の実家の設定です。ご主人がほぼそのままのビジュアルでアニメにも登場なさってます。残念ながらご主人とはエンカできず。

老舗和菓子屋とは思えないパネルもありますw

 そのあとはシリーズ開始前に当時の山本寛監督らが訪れたという大崎八幡宮にて、自分もお参りを致しました。秋から始まるアニメ2期の成功祈願をさせて頂きました。皆さん見てくださいね。

夜はようやく牛タン食べて普通に仙台を満喫して翌日は少し遠出して仙台名物B級グルメ麻婆焼きそばを食べるなど、オタクというよりは一般観光客してました。まぁ、この遠出の間に前述の熊谷屋さんと喫茶ビジュゥさんでWUGnerを狙い殺すような限定商品が急きょ発売されるという情報が入ってきまして、急いで戻ったんですが結果買えず涙しました。トワイライトの定禅寺通りで涙しかけて聖地巡礼in仙台は終了しました。

 仙台の聖地のお店もWUG!を応援してるようでこんなポストカードもらいました。

この仙台旅行でWUG!への愛が物凄い深まりました。チャレンジャー海淵に届かんとする勢いです。やっぱり聖地巡礼はいいですね。夏からのツアーも楽しみです。

5/5(金) 去年からサークル内部で人気が出始めたアニクラに行ってきました。Since95と銘打たれてるだけあって自分らの世代に刺さりまくるセトリでした。ただレポートに追われたもんだから遅刻してハナヤマタのOP聴き逃したのだけが本当に悔しい…

5/6(土) こえけん!前期総会でした。ここで入会者が確定しました。今年度の新規入会者は20数名でした。入会してくれてありがとう。そしてようこそこえけん!へ。いや~なんか後輩ができるって感慨深いです。新歓期間にWUG!のパーカー(緑)と法被(黄色)というかなりきついともいえる格好で新歓した甲斐がありました。その後はボウリングで新入生に下手くそな腕前を披露しましたが、新入生の中にプロボウラー並の腕前持ちがいてビビり散らしました。現代表善さんは180超え出しててさすがに草も生えなかった。

5/7(日) 自分はWUG!が大好きですけども、他にも好きなアニメ当然あります。その中でも一番といっていいほど好きなアニメゆゆ式のイベントその名もゆゆ式情報処理部課外活動2017にいってきました。

 

 アニメ終わって4年になろうとしてるのにまだイベントやるコンテンツ何もんだ…。OVAが出たので新作エピソードを携えてますけど、冷静に考えてすごいんだな。仙台旅行でお金使いまくったのに、ここでも散財しましてお財布事情がまずいレベルに達しました。でも大満足。津田ネキとるみるみはいいねぇ(しみじみ) はよ2期やってください。

 

とまぁ、GWも毎日オタクオタクして大いに楽しみました。ですのであんな憂鬱な月曜は経験したことなかったですね。そりゃ京浜東北線も急病人続出しますわな。そんな7日間のGWでした。ちなみに題名の7GWは7日間のGWって意味ですけども、WUG!アニメのOPの名前(の略称)だったりします。自己紹介ソングなのでぜひ聞いてください。メンバーコール部分で愛を叫べます。

次回の担当は、かの三菱創業者と同姓にして同様の明晰なる頭脳を以てこえけん !台本部のエース的ポジションにあります。イワサキ君にお願いしたいと思います。

長文駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

それでわぐ~。