「わかります。」

星屑溢れるステージに、可憐に咲かせる愛の花!生まれ変わった私を纏い、煌めく舞台に飛び込み参上!99期生、愛城華恋!みんなをスタァライト、しちゃいます!

ということで、今回は10期の永山が担当します。冒頭の台詞から分かるかもしれませんが、僕からは10月13日~21日に天王洲銀河劇場にて行われた「少女歌劇レヴュースタァライト #2 Transition」について書きたいと思います。
僕がスタァライトに出会ったのは去年の4月30日。ブシロード10周年ライブにて「舞台×アニメーション」という新しいスタイルの作品として発表されました。去年の9月には初演。今年の1月には初演の再演。6月には1stライブ。7月からはアニメ。8月にはアニサマ出演。10月には新作舞台。先日ゲームアプリが配信開始。そして12月には2ndライブか行われる激アツコンテンツです。
さて内容に入っていきたいと思います。開幕直後、初演でも歌われた曲が歌われ懐かしさのあまり早速ぶち上がってしまいました。今回は前回以上にステージだけではなく客席も利用した舞台となっており、B組の皆さんが客席付近で歌っていたのも非常に感激でした。
あまり長くなるのも嫌なので途中は割愛しますが、最後のレヴューでは、華恋ちゃんがなんと「アタシ再生産」の言葉を口にしました。するとアニメの演出が流れ、その後小山百代さんがレビュー服に着替えて登場。スタァライトの舞台での醍醐味である殺陣も大詰めとなり、そこから今回のテーマソングである「99 ILLUSION」。もう涙が止まりませんでした。
舞台パートが終わり大満足だったにも関わらず、その後はライブパート。セトリは大体察していましたが、裏切られました。1曲目の「星のダイアローグ」はさすがに当然として、2曲目かなんと「ディスカバリー」。スタァライトの中でもトップレベルで好きな曲で、今回は聴けると思っていなかったので嬉しすぎました。その後の「star divine」と「舞台少女心得」もやるとは思っていましたが、なんと「star divine フィナーレ」と「舞台少女心得 幕間」。もう最高すぎて昇天してしまいました。そして、今回のテーマソングとなる「Green Dazzling Light」、「99 ILLUSION」で締めくくりました。
ちなみに、「99 ILLUSION」は2サビジャンプはありますが、ラスサビジャンプはありそうでないというラスサビジャンプ好きにとってはウズウズしてしまう曲です笑
とにかくもう最高すぎの舞台でした。スタァライトに出会うまでは、舞台なんてやミュージカルなんてと思っていたのですが、面白いです。
少しでもスタァライトに興味がある人はぜひアニメでも舞台でもライブでもゲームでも見てみて下さい。
以上で終わりますが、ここまで読んでくださった方、長い間お付き合いありがとうございました。次回の担当は川村君です。よろしくお願いします。

亜咲花 19th Birthday LIVE ~Make It Happen LTB~

 

こんにちは。更新遅くなって申し訳ありませんm(__)m10期の永井(ユーマ)です。

まずはつまらない近況報告から(笑)僕はラブライブ!サンシャイン!!の声優斉藤朱夏さんを推しているわけですが、e+に嫌われてしまって、イベントに行けなくて萎えています。しかも、同コンテンツ自作の虹ヶ咲学園スクールアイドルの声優、楠木ともりさんに最近は夢中になって斉藤朱夏さんから距離を置いてしまいました。ごめんなさい、朱夏さん… (ところで9期のKOLL斉藤朱夏部代表のりょーへいさんとともに配布した斉藤朱夏1st写真集は読んでいただけたのでしょうか)

さて、余談はさておき、先日10月19日に渋谷のduo MUSIC EXCHANGEで行われた亜咲花さんのバースデーライブ「亜咲花 19th Birthday LIVE ~Make It Happen LTB~」にこえけん!のメンバー4人で行ってきました。
僕がこのバースデーライブに行くきっかけは主に2つあります。一つは8月に行われたアニメロサマーライブ2018(以後アニサマ2018)での歌唱力に感動したことですね。亜咲花さんはアメリカに留学もなさっていたので、英語の歌詞がめちゃくちゃ流暢に聞こえます。そのアニメロサマーライブでは一日目のアーティストにかの楠木ともりさんも出演しており、実は亜咲花さんと同い年だったことも決定的でした。
またアニサマ2018では聞けなかったテレビアニメ「ISLAND」のOP主題歌であるEternal Starを回収したかったので。二つ目は単純に亜咲花さんの19歳の誕生日をお祝いしたいことです。実は僕も19歳で、その点からもかなり親近感を感じていました。

セトリに関しては冒頭から回収したかったEternal Starで個人的にはよかったなと思います。この曲にはラスサビジャンプがあるのですが、結構な数のオタクがジャンプしていて会場に地響きまでしたんじゃないでしょうか(笑)
そこから初披露の曲が続き、5曲目のUnfulfilled Butterflyでずっと高まっていました。この曲は僕の知り合いもお気に入りの曲でとても疾走感の有る楽曲だと思います。そして、間にゲストであるRun Girls,Run!が登場し、キラッとスタート、スライドスライド、Go! Up! スターダム!の三曲で亜咲花さんのバースデーを共に盛り上げ祝ってくださいました。途中のトークコーナーでメンバーが高校生であることに驚き、「あぁ、年下の子が活躍する時代になったのか」と少し感慨深くもなりました。そして、当イベントの主役である亜咲花さんが登場し、Run Girls, Asaka!としてEdelweissを歌い上げました。サビ前のジャンプが個人的にお気に入りなのでぜひ聞いてほしい一曲です。また、歌詞の最後にある「走り続ける」がRun Girls, Run!のRunとかけられており、それでコラボで披露したのかなと勝手に自分で思いました(笑)
続く、アニソンカバーコーナーは亜咲花さんが「攻めたセトリになっている」との一言で何が来るか楽しみにしていたわけですが、冒頭から鈴木このみさんのBeat your Heartでぶちあがりました。僕もこの楽曲は2年前初めてライブというものを知ったアニメロサマーライブ2016の二日目の鈴木このみさんが歌っていたのを思い出して流れたときはテンションも上がりましたが、初ライブの思い出も想起されて感動もしていました。そして、次がミルキィホームズの正解はひとつ!じゃない‼です。この曲は連番で一緒だったあるオタク(?)がミルキィ推しで流れた瞬間めちゃくちゃ嬉しそうでした(笑)次のOne In A Billionも同じくアニサマ2018で聞いたことがあったので、知ってる曲が続いてなじみがありました。またangelaのShangri-Laは9月に行ったキングスーパーライブでも聞いていたので、曲のレパートリーが少ない僕でも十分楽しめるアニソンカバーコーナーでした。さて、曲は通常楽曲に戻りまして、Marine SNOW。Marine SNOWのようなゆったりとした曲も自分は好きで、歌詞に意味深なところがあるところが好きです。アンコールもあり、ラストはデビューシングルのOpen your eyesでした。この曲もなかなかクールな感じの曲ですね。

とまあこんな感じでイベントを振り返ったわけですが、内容はいかがでしたでしょうか?僕は10期の中ではわりかしイベントには頻繁に行くようにしているので、どこかの現場でお会いできるのを楽しみにしています。直近のイベントの宣伝をしておくと11月10日にお台場のダイバーシティ東京プラザの広場でラブライブシリーズの中の虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の9人が11月21日に発売されるデビューアルバムに収録されているTOKIMEKI Runnersを無銭で披露するので良ければ足を運んでみてください。このグループには弊サークルが本年度三田祭でお呼びする楠木ともりさんが出演されます!(ここ大事)

ではこの辺で終わりとさせていただきます。少しでも楽しめていただけたのなら、幸いです。次も同じく10期から永山君(こえけん!舞台創造科代表)に担当してもらいます。こえけん!舞台創造科は日々進化中!(スタリラやろうね)

唯涼祭

サッカープレミアリーグのせいで、最近若干寝不足になっています。初めまして、こえけん!10期の伊藤です。今回は8月15日に行われた、小倉唯さんのトーク&ミニライブ、「唯涼祭」について書いていこうと思います。

 

僕たちは時間に余裕をもって、開演するおよそ1時間前に会場に着いたのですが、まもなく人々の間から大きな歓声が上がりました。ステージを見てみると、なんともう小倉さんが。ミニライブで歌う曲のリハーサルだったようですが、この時から会場は大きな盛り上がりを見せていました。

 

午後6時半、会場の東京ドームシティラクーアガーデンステージが大勢の観衆で埋め尽くされる中、唯涼祭が始まりました。最初は、今回小倉さんがリリースしたシングル「永遠少年」の話を中心としたトークコーナーで、ここではMV撮影や歌詞の作成についての裏話を聞くことができました。続いては唯涼「祭」ということで、「サマージャンボ小倉くじ」のコーナー。くじで引かれた番号の書かれた紙を持った人に、小倉さんのサインの入った「永遠少年」のCDジャケットが贈られるというもので、自分は外れてしまいましたが、とても面白いコーナーでした。

 

くじが終わると小倉さんは着替えのため一旦退出。その間ステージでは9月に発売される小倉さんのライブDVD&BD「Cherry×Airline」の映像の中から「winter tale」と「Future Strike」が流れ、会場の雰囲気は一気に最高潮に。その空気の中、「永遠少年」の衣装に着替えた小倉さんが再登場し、最後のミニライブコーナーに移りました。ミニライブでは「永遠少年」「PON de Fighting」「ハイタッチ☆メモリー」の3曲を披露。唯涼祭を最高の盛り上がりで締めくくりました。

 

短いですが、ここまでが今回の唯涼祭のイベントレポートとなります。10期のブログの1番手としてブログを書かせていただきましたがいかがだったでしょうか。少しでもイベントの雰囲気が伝わっていれば幸いです!

さて、次のブログですが10期の永井君に担当してもらおうと思います。ぜひご期待ください!

あいみあやさちゃん!!

最近お外が熱すぎて、何をするにもいまいちやる気が出なくなってきました今回のブログ担当9期こえけん!副代表の田鎖です。

前回担当の矢野くんに頼まれたので今回は6月24日にこえけん!主催で行った愛美さんと伊藤彩沙さんのトークイベント「あいみ・あやさちゃんのドキドキガールズ前線成長中!」について書こうと思います。まず、ご来場下さった方々本当にありがとうございました。
では早速イベントの中身の方に触れていきたいと思います。

まず愛美さんと伊藤彩沙さんがご登場され、こえけん!イベントでは恒例の「塾生注目!」「なんだ」の掛け合いからイベントが始まると、最初のコーナー「Girls Talk ! 絶好調」に入りました。
このコーナーはトークテーマをボックスから引いていただいてそのテーマについてトークしていただくコーナーでした。ちなみに今回のトークテーマは、「声優以外の仕事をするなら」、「昔から続けていること」、「この夏二人でしたいこと」でした。個人的には伊藤さんの「声優じゃなくても人前に出ることをしていたと思う。アイドルとか」みたいな感じの発言が印象に残っています。

次のコーナーは協力コーナー「2人の想いは何%」の1コーナー目「意気投合しちゃった !」です。(どこかで聞き覚えが…)
このコーナーはお題に対する回答が一致するかどうかで二人の仲をはかろうといったコーナーでした。半分以上の一致でクリアだったのですが、まさかの全一致!お二人の息がぴったりだということがよくわかるコーナーになりました。このコーナーでは愛美さんの口癖「ばう!」(うん、はいの意味?)が明らかになるなどファンの方々にも新しい発見があったのではないかなと思います。

続いて、協力コーナー2つ目「身振りだとか手振りだとか ~Move Girls~」です!(これも聞き覚えが…)
このコーナーは簡単に言うとジェスチャーをしていただくコーナーです。今回のイベントで最も盛りあがったコーナーの1つでした。(正直台本を作っている段階では盛り上がるのか不安だったんですが)
サークル員、お客様から好評だったお題は伊藤さんへの「ドルオタ」というお題でした。お題を確認した伊藤さんはいきなり「お前が一番!お前が一番!」と言い、その後オタ芸を打ち始めました。それを見た愛美さんは「厄介!」と答えられたので会場が笑いに包まれました。女性声優がオタ芸を打ったり、厄介と言ったりするのも学生主催イベントならではかなと思います。

協力コーナー最後は「問題解決! 探偵ビギナー」です。このコーナーはお客様とも協力して答えを推理するというものでした。(某アキネーターを想像してもらえるとわかりやすいかと)お客様を巻き込んだコーナーも学生イベントだからこそかなと思いました。ちなみにこのコーナーも半分以上の正解でクリアだったのですが、司会の石川くんのいいアシストもあり見事全問正解でした。(まさか全問当てるとは…)

以上の3コーナーが協力コーナー「2人の想いは何%」でした。
今度は一転してお二人の対決コーナー「あいみvs.あやさちゃん 自称?! 女子力No.1」です。

1つ目は「クイズ! どっちがカリスマ女子でShow ?!」
このコーナーは女子力に関係するクイズに挑戦していただき1つ正解するごとに1ポイントというルールでした。問題は、宝石、カロリーなど様々でした。カロリーを気にいているという伊藤さんが3問正解、女子力に自信があると言っていた愛美さんは2問正解でした。お二人の女子力の高さが垣間見えるコーナーだったと思います。

2つ目は「ハートを射抜け 胸キュン♡シチュエーション」
このコーナーはお二人にシチュエーションに従ってセリフを考え、演じていただいたエチュードコーナーでした。今回のテーマは「夏祭り」(自分はここ数年全く行かなくなりました…)で気になるシチュエーションは「夏祭りに誘う」、「ナンパを追い払う」、「好きなものをおねだり」、「告白」の4つでした。お二人にそれぞれセリフを言っていただいた後、お客様の拍手でどちらが女子力高いのか判定しました。
お二人の考えられたセリフは面白いものから本当に心に刺さるものまで様々で声優さんの対応力のすごさを感じました。エチュードコーナーの結果は2対2の引き分けでした。
また最終結果としては愛美さん4ポイント、伊藤さん5ポイントで伊藤さんが勝利をおさめ賞状の授与をさせていただきました。

最後にプレゼントコーナー、エンディングを行い、今回のイベントのコーナーはすべて終了しました。エンディングでお二人が今回のイベントが楽しかったと仰られたことがとても嬉しかったです。
愛美さん、伊藤さん本当にありがとうございました!
長くなりましたが以上が今回のイベントのレポート、感想です。拙い文章で申し訳ございません。

今回のブログもそろそろ終わりが近づいて来たということで次の担当を決めたいと思います。次からは10期に担当してもらいたいと思うのですが…
今回お呼びした声優さんは愛美さんと伊藤彩沙さんでした。これは余談ですが、僕の推しである伊藤美来さんの4thシングル「恋はMovie」が8/15に発売されるそうです。
ということで、次のブログ担当は伊藤くんにお願いしたいと思います!10期の初ブログです。楽しみにしていてください!!

慶應義塾大学三田祭イベント振り返り回!!

すっかり冬の到来を感じる日々ですね、皆さん如何お過ごしでしょうか。永瀬さんから引き継いだ吉村といいます。

さて、先月の下旬(11/23〜26)に三田キャンパスにて「三田祭」が行われました!  ご来場くださった方々、ありがとうございました。私達「こえけん!アニメ声優研究会」は26日に声優の吉田有里さん をお呼びしてトークショーを行いました。    (当日寒い会場で申し訳ございませんでした)

先ず、一言で述べると 素晴らしお方でした、、(直球過ぎますが)

自分が高校生の頃からお名前は度々聞く機会が多かったですが、実際にお会いしてみるとやはり魅力が違うなぁと感じましたね。今後もご活動を追っていきたい声優さんの一人になりました。ご本人は、人生で一人の学祭は2回目だそうでかなり不安に思っていたとおっしゃっていましたが、全然そんなことを感じさせないトークをするあたり役者のプロだと感じました(小並感)

イベントの内容をかるーく振り返ると、本イベントは60分の比較的短めでしたが、内容はかなりの盛りだくさんに企画できたと考えています(自分ではなくほかのサークル員が一生懸命イベント直前まで頑張って作っていました)。吉田さんにも名前で呼ばれていた三田祭司会の石川氏の開演前アナウンスを経て、開演後の吉田さんによる「塾生注目!」→お客さんの「なんだー!」の掛け声でイベントがスタートしました。塾生以外のカアには、ピンと来ないかもしれませんがこの一連の掛け声は、飲み会の席などの乾杯の際などに未だに使われています。。

オープニングが終わり次は、「吉田有里のとっておきアンサー」と称して事前にこえけんのTwitterで募集していたお悩み相談コーナーを行いました。相談内容は、迫り来るクリスマスでのぼっちについてや緊張のほぐし方等の日常生活を送る上でかなり重要になってくるものばかりで、イベントの様子を撮影していた私も夢中で聞いてしまいましたね。

続いて「爆弾連発?ルーレットトーク」という吉田さんの掛け声で止まるルーレットのお題に沿ったいわゆるテーマトークを行いました。特に印象的だったのは、声優になった経緯についてのお話でそろそろ将来のことが気になり始めている学部2年生にとっては、気になる話題でしたし、ふつーに一声優ファンとしてきちんときいてみたかったことで、会場でしっかり聞き入っていました。吉田さんはあまり真面目な話をお話しないお方だと思っていたのでファンとしても嬉しかったのでないでしょうか。

次は、「そーさく!はてなボックス」では、箱の中身が何であるか観ないで実際に触ることであてるゲームを行いました。お題は、使い古された(笑)動物のぬいぐるみや開封ばかりのカイロ、そして上半期に特に人気を博したハンドスピナーとジャンルがまったく異なった物を選びました。回答者の吉田さんは最初はかなり怖がっていましたが、3問とも最終的には全て正解されていて拍手喝采が上がりましたね。。

つづいては、「G.T.Y(Great Teacher Yuri)」として、お題に沿って1分間ジェスチャーをやっていただきお客さんにあててもらうといったコーナーを行いました。お題としては、わかりやすい野球を、2問目としてはメイドさんを、3問目は渾身のネタだった孔雀を、4問目としては男子学生の華の応援団をやっていただきました。今年のプロ野球の日本シリーズは熱い戦いでしたね(以下略)。その為もあって野球のジェスチャーではなぜか熱が入っていたかと感じました。 2問目のメイドさんのジェスチャーもアニメやゲーム関連でも今後もたくさん担当なされても良いではないかと思うほど素晴らしいできでした。4問目の応援団のジェスチャーでは、コーナー時間の都合の兼ね合いもあってさらっと行ってしましましたが、選択肢がなくても特徴掴んでいて、声優さんは表現のし方が上手い方が多いと切に思いました

イベント後半になって、最初のコーナーは数々の所謂画伯を作り出してきた「名画誕生?ゆーきちミュージアム」、いわゆる絵かきコーナーをやりました。このコーナーでは、ウェブカメラを用いて吉田さんが実際に書いている様子をお客さんにも楽しんでいただきながら1問目のサンタおじさん(これはわかりやすかった)、2問目の吉野ヶ里遺跡(絵で表現するのは難しい)を書いていただきました。制限時間内に絵を書き上げることはある程度のレベルまでうまくないとできないことだと思うので、すごいことだと感じました。本来では、他にも某ラーメン二郎の ニンニクヤサイアブラマシマシ のラーメンを女性声優に書いてもらおうというかなり難題な題材を用意していたのですが、時間の関係上今回はやりませんでした… いつかやりたいですね。

最後のコーナーとなったのは、福沢諭吉先生に擬えて、吉田さんにもゆーきち先生として4択の問題をどのくらい正解できるかみる「えらんで?四択クエスチョン」というコーナを行いました。一問目は、福翁自伝(福沢先生が書いたとされる本)からの出題でサークル員の過半数も初見では分かる人間が少なかったのですが、吉田さんがすんなりと正解にたどり着いていて、頭いいなぁと思う反面、学生はもっと勉強しないといけないと思いました。 二問目は、吉田さんの出身地の佐賀県のシルエットを当てるいわゆる地理に関する問題、三問目は和製英語とそうでは無いものの区別できるかみる問題でしたが、ここも難なく正解されており、無事にゆーきち先生よして認定式を最後行いました。 人気を保ち続けている声優さんは演技だけではなく、社会全体のことを知っている知識人なんだなとこのイベントを通じて一学生として感じました。

イベントも全てのコーナーが終わりエンディングを迎え、最後のあいさつで、今回のソロ学祭イベントに出るにあたって吉田さんがずっと考えてきたこと、さらにご自身の声優に対するスタンスについてのお話をされていて、芝居に対する真摯に向き合っている点に改めて感銘を受けて、これまでもそうでしたがこれからも吉田さんの役者としてのご活躍についてファンとしても拝見していこうと感じました。     長くなりましたが、以上が今回の三田祭のイベントについての感想とさせていただきます。拙い文章で申し訳ございません。

さて、そろそろ今回のブログも終わりに近づいて来ましたが、次回のブログを更新してくれる人を私が指名したいと思います。10月からのクールで「ラブライブ!サンシャイン!!」というアニメがもうすぐ感動の最終回を迎えようとしていますが、今夏の2期アニメ上映会現地に参加したり、ファンミーティングで札幌まで遠征に行っていた島原君にお願いしたいと思います。作品に対する愛や中の人に対する愛を熱弁してくれると思いますので、皆様、お楽しみになさって下さい。

では次回の更新までお別れです。こえけん9期2年の吉村でした。

 

るーりぃin矢上祭

みなさん初めまして!今回ブログを担当する9期の永瀬です。
さて、題名にもある通り慶應大の文化祭である矢上祭にて我らがこえけん!は人気声優の青木瑠璃子さんをお招きしてトークショーを開催しました。

青木さん自身が無類のゲーム好きということもあってイベントの各コーナーはRPGをモチーフとしたもので、タイトルもゲーム感を演出している非常に凝ったものでした。(初めて見たとき感動しすぎて目から汗が
はじめのコーナーは青木さんによる質問お悩み相談コーナー「解決!瑠璃子のパーフェクトガイド」。学祭での思い出はありますか?という質問に対しては、自分は陰キャなので大学時代は学祭には行っていなかったと話す青木さん。それもあってか大学生は学祭で彼女を作ったほうが絶対楽しいと熱弁していました。それを聞きながら大事だなあ(白目)と思う自分。
質問コーナーが終了し、お悩み相談へと移っていくと「仕事が忙しいせいでなかなかゲームをする時間が作れない」といった悲痛の叫びが。このお悩みに対する全ゲーマー必見⁉の青木さんの答えは・・・
      「人付き合いをやめる!」という衝撃的なもの。
これって参考になりますか?(小声)

次のコーナーはゆるーくトークをしていくという「ごゆるーりぃトーク」。この夏一番楽しんだことというテーマでは会場のみんなが予想したであろうスプラトゥーンという答え。今年はゲームしかやってなかったので来年こそは夏らしく海に行きたい!と早くも来年の夏の抱負を語ってくれました。(自分も今年はゲームが多かったので来年は海に行きたいわね・・・なんていうことを聞きながら思ってました。)

3番目のコーナーは「青木編集長のるりこうじえん」。このコーナーは知っているけどイマイチ説明できない、意味をよく知らない言葉について青木さんがそれっぽく説明するというコーナーでした。流石は青木編集長、出てきた単語をすらすらと説明していきました。しかしそんな青木編集長でもギャル語やスポーツ用語には疎いご様子。GHQやスプリンクラー(両方ともギャル語ですよ)といった謎用語に対して謎解説で返し、ハットトリックは忍者ハットリくん、セパタクローはつぶやきシロー(皆さん知ってますか?)のこと、などと迷回答を連発してくれました。他には落ちサビとUOについて解説するときオタクの真似をしてくれたり(落ちサビで手をたたいたり、UOをクルクルまわす皆さんがよくするあれ)をしてくれてとても楽しいコーナーでした!

そして最後のコーナーは「瑠璃子の伝説」(どっかで聞き覚えのあるタイトルだなあ)。いくつかのミニコーナーをクリアして魔王にさらわれたお姫様を青木さんが助けに行くというコーナーです。最初のミニコーナーは画面内に出た武器の色を記憶した後に色を思い出して塗っていくというもの。これは青木さんには簡単すぎたのか色を塗った後になぜかうんちの絵を描きだすお茶目さアンド余裕っぷりを見せてくれました。続くミニコーナーは役になりきって魔王の城の警備を抜けるといういわゆるエチュードコーナー。馬の真似というどう考えても無茶ぶりなお題でも馬の役(!?)を演じている経験を生かして?素晴らしい馬っぷりを見せてくれました。

そして魔王の城に侵入しいよいよ魔王と対峙!というところで最後のコーナーが開始。最後のコーナーは出題された謎を解いて魔王の弱点を見つけ出すというものでした。剣、拳、弓の中で仲間外れはどれ?という問題ではネットで話題になっていた拳で抵抗するネタをやってくれたりと青木さんによる思わぬサービスがありました。他の問題もしっかりと作られていて作成者は苦労しただろうなあなんて思ってしまいました。

4つのコーナーが終わってついにエンディング。プレゼントコーナーでは青木さんによるサイン色紙(羨ましい!)を抽選でお配りしました。お客さんだけでなく青木さん本人も終始笑顔で楽しんでくれたようで本当によかったなあと思います。

イベントが成功したのは司会、スライド、台本等の方々の頑張りに加え、青木瑠璃子さん本人の力が大きいなあとイベント内容を聞きながら改めて感じました。

青木さん本当にありがとうございました!

次のブログ担当は僕が指名・・・というわけではなく自ら手を挙げてくれた吉村さんです。期待してますよ~ 

 

夏合宿in群馬

こんにちは。9期の下山です。小島くんからの指名を受けたのでブログ担当します。

さて、こえけん!では9/13~15に夏合宿が行われました。(12日には色々な場所で合宿0日目が行われていたようです。みんな元気だなぁ・・・)。行き先は7期の某先輩の出身地である、群馬県片品村です。

9/13
合宿初日。オタクの朝は早い(?)。朝7:45に渋谷の宮下公園前集合し、約4時間のバス移動の後に宿に無事到着しました。
待ちに待った合宿での一つ目のイベントは”川遊び”でした。それぞれ泳いだりみんなで飛び込んだり楽しいときを過ごせました。自然っていいなぁ。ただ、ひとつ問題が。「・・・コノカワ…アサイ!!!」。川が案外浅くて石がゴロゴロしてて普通に飛び込みは危なかったです。
川遊びを終え宿に戻り、夕飯諸々を済ませると二つ目のイベント”2017年盛り上がり曲ランキング”をしながらの宴会です。こえけん!はお酒を強要するサークルではない(らしい)ので宴会でも安心です。事前に集計、編集をしていただいた動画を流しながらみんなで盛り上がってました。強い曲ばかりで最高に楽しかったです。

9/14
合宿二日目。オタクの朝はめちゃくちゃ遅い(緩いスケジュールでよかった・・・)。昼食をとった後、今度は自由に運動タイムです(ウェイなので)。それぞれバスケ、テニス、バドミントンなどを楽しみました。個人的には最後に集合してやったキックベースが一番楽しかったです。運動っていいですね。
夜はBBQからの花火です。夜は真っ暗で花火はとても綺麗に見えました。花火のあとは、チーム対抗のイントロクイズ。自分はたったの1回しか正解することができなかったのですが、先輩が強くて1位に・・・。
イントロクイズの次はビンゴ大会。それぞれの用意した景品をビンゴを用いて交換しました。景品はフィギュアや自作CD、同人誌やTシャツまで様々でした。景品交換後は声優ポーカーなるものをやっていたようですが自分は参加していなかったので様子は伝えることができません(聞いたところによると大変盛り上がっていたようですね・・・)。

9/15
合宿最終日。オタクの朝h(ry。最終日は特にイベントはなく、ゆったりする日でした。起きて昼食をとり、片品村をあとにしました。

自分は運動部系以外の合宿は初めての体験だったので新鮮でした。自由度が高く、スケジュールもゆったりとしていて、大変過ごしやすかったです。気温も夏にしては涼しく(むしろ寒いくらい)、都会のように人がゴミのようにいることもなく静かで、夜には満天の星空・・・片品村はよい場所でした。合宿担当や、色々な企画を用意してくださった先輩方ありがとうございました!

次のブログは同じく9期の永瀬君にお願いしたいと思います。

 

初めまして!

こんにちは。そして初めまして!

9期小島です。なぜか9期トップバッターを任され、ブルブル震えております。
自分自身このようなブログを書くのは初めてのことなので、拙い文章かもしれませんが、どうか生暖かい目でみてください。

9月に入ってもう2週間が経とうとしているわけですが、あまりにも書くことがないので、8月終盤に自分が行って満足した2つのイベントについて書かせていただこうかと思います。

まず1つ目は8/21に日本武道館で行われたBanG Dream! 4th Live Miracle PARTY 2017!ですね。

僕は11時過ぎごろ武道館に一足先に到着し、物販のための整理券を入手しました。が、すでに多くの方が整理券を入手しており、整理番号は2000番台、14時から開始の物販に17時30分再集合という非常に厳しい(というかほぼ敗戦)スタートとなりました。
一度帰宅し、twitterで情報収集していると続々と完売の情報が・・・。明らかに早すぎる完売に多少の怒りを覚えつつ、17時30分に物販に並びました。結果としてはぬいぐるみと缶バッジ購入に成功し、まぁ良かったかなという感じでした。

その後先輩、同期と合流し、武道館へ入場。19時にいよいよライブがスタートしたわけですが、本当に最高という言葉以外見つからないライブでした。
ポピパってすごく楽しそうにライブをするんですよね。それにつられてこっちも楽しくなってしまう、そしてそこに一体感が生まれる。そういう雰囲気作りに加えて、もちろん演奏もレベルが高くて、演出も(本人たちがコメントしていた通り)よく考えられたものになっていて、観客を楽しませようというメンバーの気持ちがビシビシ伝わってきました。あのライブはポピパにしか作れない、そんな素晴らしいライブだったと思います。個人的にはティアドロが干されたのは解せないんですけどね!!!次に期待です!!!

2つ目は、8/27に開催されましたアニサマ3日目!!!ではなく、幕張メッセ国際展示場ホールにて行われましたC3AFAというイベントに参加しました!
僕の目的は、僕が現在最も推している声優、遠藤ゆりかさんが現在出演中のアニメ「天使の3P」のスペシャルイベントを見に行くことでした。

開場1時間前に到着し、無事に当日券をゲットしたものの入場列にはすでに多くの人が・・・。イベント観覧には整理券が必要とのことだったのでドキドキでしたが、案外すんなり取れました!(まじでよかった・・・)

イベントはトークパートとライブパートに分かれていました。トークパートでは日高里菜さんに接近しまして、一瞬で可愛いなって思いました。ニコ生でも好評だったキャストの方による懺悔のコーナーでは、井上雄貴さんの「リアルでも小学生を観察してしまった」という懺悔がかなり面白くて笑ってしまいましたw

ライブパートはOP「羽ばたきのバースデイ」・ED「楔」を聴けました。遠藤ゆりかさんに本気で接近したので大満足でした。楔の首振りも、バースデイのタオル回しも最高に楽しかったので2月のライブは絶対に行こうと決意しました!!!Blu-ray積むぞ!!!

と言った感じで8月後半の方は個人的に大満足なオタク活動ができました!今後は先輩方とも積極的にライブやらイベントやら行けたらいいなと思っております!

さて次の人を指名したいと思います!9期で書いたのが僕だけというのも寂しいので、次も9期から!下山君お願いします!

期末試験死亡遊戯

たしまです。
前回の記事読んでお菓子作りしたくなりました!今まで学校の調理実習以外でお菓子を作ったことがないので、一回くらいこえけん!のオタク達と一緒にお菓子作りをして夢色パティシエールになりたいです!!
本題です。今回の記事はテストとイベントがありました。そのレポートです。

7/23
【アニON STATION しんげきカフェ】スペシャルトークショー 7/23 2部
自分は行く予定がなかったのですが、元々行く予定であった友人が都合が合わなくなったため急遽行くことになりました。
列に並び、連番した友人と翌日のテストの勉強しつつ(彼も自分とは違う試験が翌日にある)入場すると、演者さんの前で座らないといけないエリアに入れました。
並んでいる時や開演まで待っている時に5thで流れていない曲が流れてきて(ゴキゲンParty NightとかS(mile)ING!)、ライブで聴きたいわねって思いました。
始まる前に前の人を見ると結構サイリウムを持ってきていて、一応持ってきて正解だったなあと思いました。
そして、司会の人の前説があり、大空さんと高橋さんが入場しました。
見た瞬間。大空さんも高橋さんもかわいいって思いました。
軽くオープニングトークをしてから、2人の演者さんにしんげきカフェで販売されている飲み物が渡されました。この部では、演者さんの気になる飲み物が運ばれ、大空さんは「ゴートゥーヘェールッ!!」、高橋さんは「シュガシュガスウィート☆しゅがーはぁと」を選ばれました。
高橋さんは花守ゆみりさんから教わったというしゅがは姉さんのものまねをして飲み物の紹介を、大空さんは星輝子のものまねをしていました。楽屋裏でスタッフさんに「大空さん、Go to Hellです」というくだりで滅茶苦茶笑いました。また、大空さんは飲み物に入っているタケノコを底に沈めようと頑張っていたのが見ていて面白かったです。
次にしんげき放送局と題して、事前に募集した曲の中から2人がくじを引いて、曲をかけるというコーナーになりました。
左前の人が曲紹介二回当たっていました。すげえ
ニコ生終了後、現地では限定グッズをかけた高橋さん、大空さんとのじゃんけんが行われていました。
自分はすぐ負けてしまいましたが、とても白熱していました。
そして、イベント終了後、連番した友人と明日テストだし、帰るかってなって帰りました。

7/24~28
テスト、課題レポート
辛い。早く終わって欲しかったです。テストの出来はダメでした。簡単な所を落とす、覚えたはずのことを度忘れする、やったはずのことが出来ないetc 本当に辛い。
課題レポート全然書けなかったので辛い。

7/29・30
デレマス5th 福岡公演LV
良かったです。(こなみ)
最初はやはり、Yes! Party Time。テストで疲れた心を出だしで一瞬で回復させました。
SUPERLOVE☆で更にぶちあがりましたね。特に2日目のSUPERLOVE☆は、その日が丁度莉嘉の誕生日で、感極まって山本さんが「豚骨」を流した後というということもあり、初日以上に良かったと感じました。
恋色エナジー。4thの時に比べると歌っている下地さんの表情が大分柔らかくなったなあと感じました。
おかしな国のおかし屋さん。初日の王子役が青木志貴さんだったのですが、マイクが入っておらずセリフが聞き取れず少し残念でした。2日目、王子役が春野さんだったのがとても意外で驚きました。
すいとーよ選手権。色んなアイドルのすいとーよが聞けて幸せ。みんな良かった(特に初日)。
Frozen Tears。「星が瞬く」と「指先まで綺麗に磨き上げる今が愛しい」のところの振付が好き。初日の「まだね内緒」と2日目の「ありがとう」が本当に良い。良かったですが、次回この曲が聴けるのはいつでしょうか?そう考えるととてもつらい。
Memories。渕上さんと松井さんおるから何かしらやるだろって思ってたら、はい、やられた。驚きのあまり、初日で一番声出した。本当にいいものを見たという感じでした。
Neo Beautiful Pain。曲調がカッコいい上に、ダンスが想像以上に激しく、松井さん本当にすごいと思いました。
全体を通して、座長の大坪さんは、想定外のことにも咄嗟に対応していてすごいなあと感じました。
2日目終わってしばらくした後にあとはSSA公演だけかあ、長かったけど短かったし寂しいなあと思いました(まあ、この後にはミリオン、765、sideMのライブが控えているのですが)
あと、影響されやすいので、初日のMC聴いてうまかっちゃんが食べたくなりました。

7/31
最後のテスト。テストの出来はダメでした(n回目)
やっぱり、テスト期間、しかも必修のテスト前日にイベントに行くのはやっぱりやばい。でも、イベントに行ったことに後悔はしてないですが、もっと前々から勉強しなかったことは後悔してます。
みなさん、こうならないようにしてください

テスト期間の記事のはずなのに、イベレポが大半なのは流石にダメな大学生ですね…

8/1~3
バイト
1日12時間くらい働いていました。
社畜のきもち(無感情)になりやがったですよ!

次はいよいよ今年のこえけん!の新入生(9期)に書いてもらいます!
9期のトップバッターは、こじま君です!
次回もよろしくお願いします!!

レッツら、まぜまぜ!

こんにちは!7月に入って本格的に暑くなってきましたね…。8期の木口です。

さて今回は、こえけん女子3人による活動報告をしようと思います。突然ですが皆様、プリキュアシリーズ最新作、キラキラ☆プリキュアアラモードをご存知でしょうか?自分は毎年新しいシリーズが始まるのを心待ちにしていてるのですが、今作はキャラクターもとても魅力的で飽きることもなく、毎週楽しみに見ています。そしてこの作品、お菓子と動物がテーマなので、作中で登場キャラクター達がお菓子作りをするのですが、それを元にこの度サークル員で再現してみようということになりました。ちなみに3人とも、普段お菓子作りはあまりしないので些か不安はありますが…どうぞ温かい目で見てやってください。

挑戦するのはペコリンドーナツ!完成予想図はこちらです↓

では作り始めましょう( -`ω-)レッツら、まぜまぜ〜

まずは土台のドーナツから。

市販のドーナツ粉を使って作っているので、(若干みんな手つきは怪しいですが)ここまでは順調です。さて、揚げていきますよ~

あっっ…、焦げ…いや、ちょっと焼き色がつきすぎてしまいましたね…。でも気にしない!続けてデコレーションいってみましょう!

チョコレートで覆ってしまえば全て隠蔽されますね。なかなか可愛らしく出来たのではないでしょうか!(生クリームがなぜか分離していることには触れない方向で)ペコリンドーナツの完成です!

ちなみに、最近パンケーキの焦げ目を利用したパンケーキアートというものが流行っているということで、残ったドーナツの粉でそちらにも挑戦してみました。

これが意外と難しく、試行錯誤の末なんとか完成したものがこれらです(笑)でもとても楽しいので、機会があればぜひ遊んでみてください(^^

1日で作ったものをまとめるとこちら。この後美味しくいただきました!プリキュアのサイトにその他のレシピもまだたくさん載っているので、また別のものにもチャレンジしてみたいですね☺︎

以上、長々とお付き合い頂きありがとうございました。次回は田島くんお願いします〜