伊藤かな恵の超ラジ!Girls~CD発売記念 超ラジ!Girls全員集合SP~感想

行ってきました~。中央大学さんのイベントの終了後に向かったので18時30分くらいに会場に到着しました。なので,会場にはすでに人で埋め尽くされていて(多分600人くらい)ほとんどGirlsの皆さんを見ることはできませんでした・・・。

Girls見たさに会場をうろちょろしている間にいつの間にか公録自体はクライマックスになっていて焦りました。やっとこさ見える位置を見つけて背伸びするとかな恵ちゃんの姿が!生で見るとちっちゃくてめっちゃかわいかったです。

公録終了後は抽選会に移るまでに10分くらいあり,その間にスタッフが巡回,「抽選チケット付きのCDいかがですか~」

さすがに釣られませんでした。因みに最後の抽選番号が570番くらいでした。

抽選会は,Girlsが3ケタの数字を1枚ずつ引くというものでしたが1ケタ目が4,5ばっかで朝一で来た人乙って感じでしたが,最後にかな恵ちゃんが神引きで006番を引いたので彼らも報われたと思います。

感想としては,明坂さんが意外と身長が高いことにびっくりしました,声がとてもかわいらしいので身長も低いのかと思ってました。井口さんは完全にギャグキャラが定着しつつありますね。彼女たちの私服(もしかしたら衣装かも)が見れたのもよかったです。

会場整備のスタッフさんも物腰丁寧で好感が持てました。我々も見習っていきましょう!

超ラジGirls1は5人それぞれ魅力がありキャラの住み分けもできているよいユニットですね。売り出し方もあくどくなく(CD1500円は良心的だと思います)これからもどんどんイベント続けていって欲しいですね!とりあえず今までラジオ聴いてなかったんでこれからは聴いていく&投稿して応援していきたいと思います!

著者:かけそば

西又葵講演会@一橋大

遅くなりましたが11月2日の西又先生講演会に行ってきましたのでその感想をば。

10時20分に国立駅着,一橋大へ向かう。10時半会場着,この時点で集まっていたのは20人ほど。

黒板には簡潔に,向かって左に「司会」,右に「西又葵」の文字が。

前のほうに座っていたのでよくわからなかったのですが,11時開始時刻には50人ほどが座っていたと思われ。

11時から半くらいまでは,小中や高校など学生時代のことに関する質問がメインでした。いくつかピックアップすると・・・

Q:小中時代はどのように過ごしていましたか? A:昔から絵を描くのが好きでずっと絵を描いていました。保育園の時にはもう絵を描き始めていました。

Q:絵以外で好きだったことは? A:アニメの映像を消音してアフレコして楽しんでました(笑)

Q:中学校卒業後の進路は?  A:高校で漫画研究会に入り同人誌を描き始めました。その後編集部から連絡があり,中退して漫画家に専念することに。

その他,中高時代の思い出等もたくさん話してくれました。前の生徒が机の中にハムスターを飼っていたなど,西又先生の高校はとても荒れていたらしいです。

その後,イラストレーターへ転身する時の話や,仕事についての質問がありました。特に興味深かったのが,

Q:一日に描かれる絵の枚数は? A:塗りを含めると1枚あたり2,3日かかりますが,線画なら気合いを入れれば12,3枚は描けます!

Q:アイデアに困った時は? A:公園等をぶらぶらしています。人間観察が好きで,駅前など人が多い所をぶらついて,人の会話や行動を見聞きしています。

Q:イラストレーターで尊敬する人は? A:桂正和さんや,高橋留美子さんです。漫画家の方が好きな方は多いです。

というものでした。仕事の話題の後は,オフの日のことやプライベート,趣味の話題などでした。西又さんはテレビが好きとのことで,最近はレールガンやけんぷファーを鑑賞されているらしいです。

12時20分過ぎからは聴講者からの質問タイムで,こちらは「著作権について」や「今のコミケに思うこと」などかなり突っ込んだ質問が多かったです。

イベント全体としては,黒板に「先生」をつけ忘れるくらい全体的にまったりとしていましたね。司会さんも初めてということで途中で質問に詰まってしまったり,仕事の話題に入ったと思ったらまた学生時代の話に戻ったりしてまとまりがありませんでしたが,西又先生はすべての質問に笑いながら答えてくださりトーク慣れしている感じが窺えました。スタッフさんも特にスーツや腕章をつけているわけでもなくとてもアットホームな感じの私服でした。

表題が「クリエイティブになるためには」ということで技術的な質問や突っ込んだ質問が多いかと思いましたが,絵の知識が全くない自分でも十分に理解できる内容で,西又先生個人の魅力が十分に伝わる講演会でした。イラストレーターの講演会という他大学ではあまり行われていない試みですので,一橋大の人物研究会さんにはこれからもがんばってもらいたい次第です。

著者:かけそば

P.S 西又先生はとてもかわいかったです(笑)

(注)質問内容や回答は自分がメモったもので必ずしも本人のものではありません。そのためところどころニュアンスが違っていたり本人の意図を反映していない場合があるかもしれませんがご了承ください。

広橋さん大原さんイベント@青学

今日は青学のイベントに行ってきたんでその感想をば

俺がこえけんに入ったのがイベント後という事でみなさんの様に運営側の立場でイベントを見ると言う事は出来ませんでしたが、せめて客の立場で見てどんな感じだったかレポートさせてもらいます。

以下駄文

・“慣れ”を感じる運営:4年目になると言う事で運営に関してはずいぶんこなれた様子が見て取れた。ちなみにスタッフは必ずしもスーツではなく私服に腕章ってのが多かった

・始まり、終わりの明確さ:以前イベント後のミーティングで問題点としてあげられていた終わりのグダグダ感。ここは花束の贈呈→退場と終わりをハッキリと区切っていた為わかりやすかった。

・あの規模で無料:声優二人呼んで、だいたい200人くらい(違ってたらスンマセン)の客を読んでいるにも拘らず無料なのはスゴい。隣で似顔絵をやっていたがそちらは200円だったようと思うので収入はいったいどこから入ってくるのだろう?サークルメンバーから搾り取るのかな・・・

全体のまとめとして、

・我らがブレーン(笑)曰く「スライドを利用してアテレコ的な事をしていたのには次回以降のイベントの際につかえる可能性を感じた」と言っていたので期待しておいていいだろう。

・やはり声優さんは喋りが上手いので(人にもよるが)自由に喋らせる時間を出来るだけ確保した方がいい。声優目当てでイベントに来てる客目線で言っても出来るだけたくさん喋ってくれた方が楽しめる。欲を言えば2人声優さんがいると盛り上げ方も上手いのでなお楽しい。

この辺りだろうか

ずいぶん偉そうな事書きましたが何かの参考になれば幸いです

拙著:UG

P.S.

勝手にイベントレポートってカテゴリを作っちゃったので邪魔だったら消して下さい

若者のしゃべり方をなんとかする試論

この社会の一員として、そして一人の声フェチとして、どうしても見過ごすわけにはいかないことがある。
それは、世の中のどちらかというと「やんちゃ」なグループに属する若者たちに特有の
あのしまりのないふにゃふにゃした喋り方である。
例をあげてみよう。

「エーうまぬやー、も~や~買ってきよーさい。にーりたんとや言わせねーらんよ」
(訳:おいそこの君、タバコを買ってきてくれ。嫌とは言わせないよ)

失礼、これは沖縄弁だった。
でも言いたいことはわかっていただけたと思う。

あの、声を出すのもめんどくさいと言わんばかりのだらしねぇ感じと
だらしねぇにもかかわらず、そうやって話すことがカッコイイと思い込んでる勘違いっぷり。
これは世間の目から見ても、非常によろしくないことだと思う。

だからこそ僕は、やんちゃなクソ坊主どもにこそ、ハキハキとしゃべってもらいたいと思う。
というか、そうしてもらわないと困る。

たとえば、ちょっとアウトローな方と、すれ違いざまにうっかり肩をぶつけてしまったとする。そこで
「ってぇー!おいィ、おめぇおこめぇつけえほっつえあういてぇんあぁ!?」
なんて絡まれたら、もうお手上げである。コミニュケーションの取りようがないんだもん。
喧嘩を売ってるのかどうなのかくらいはっきりしてもらわないと、こっちが困るのだ。

これが沖縄だったら
「あがっ!まーんかいみーをつけてさるいているぬやいびーんか!?」
もっと無理かもしれない。

ともかく、このだらしねぇ若者喋りは、致命的なコミュニケーション不全を生みついには深刻な治安の悪化をもたらす。
我々は早急にこの課題を解決せねばならない。
しかし、どうすれば解決できるのか。

結論から言おう。

ずばり「アニメの普及」、これによって解決できる。

近年、日本のアニメは、ますます市民権を拡大しつつある。
「高校のときリア充だった友人と久しぶりに再会したら、急にハルヒやひぐらしについて熱く語りだし、びっくりした」というのもよくある話。
この調子でもっと裾野を広げ、世の中のはみ出し者にもアニメの魅力を伝えてしまおう、という計画である。

もしこの計画が成功すれば、どうなるか。

答えは、「彼らの声がすごくよくなる」。

いわゆる不良グループの人というのは、自分がカッコイイと思うものを模倣しようとする傾向が非常に強い(と思う)。
先輩が校舎裏でタバコをふかす姿に憧れて、自分もタバコを吸い始める。
暴走族に憧れ、教習所に通ってバイクの免許を取る。
腰パン姿がカッコイイと思って、自分もズボンを下げパンツを見せる。(あいつらはパンツなのに恥ずかしくないのだ)などなど。

言うなれば「先パイ、マジカッケーっす!」という純粋なリスペクトの精神こそ、非行少年のメンタルの核を形成しているといってもよい。
だからこの純粋さを正しい方向に導いてやれば、非行少年は目の輝きを取り戻し、夢に向かって走り出すのである。(詳しくは「ごくせん」を参照)

ここまで言えば、もうおわかりだろう。

非行少年たちがアニメにどっぷり浸かるようになれば、彼らが尊敬し、まねる対象は
アニメに登場する素敵・さわやか・エロティックな声の男性キャラ、ひいてはその中の人となる。
つまり、彼らの模倣の対象が「マジカッケー不良の先パイ」から「緑川光」に変わるのだ。

こうして世の中のはみ出し者は、みな目を輝かせて声優への道を歩みだし、養成所に通いだす。
その中の大半は声優になれず、途中でグレて再び不良の道を歩むことになるかもしれない。
だが、それでいいのだ。
そうして生まれるのは「異様に滑舌がいい、大量の不良」である。
ちゃんとコミュニケーションも取れるし、声がいいから話していて心地よい。
おそらく、7割くらい不快度は減るんじゃないかと思う。

それに、不良側にとっても大きなメリットがある。

学生にとって、「不良」という属性は、女子にモテるステータスである。(本当になぜかモテる)
そこになんと、「緑川光」属性が加わる。そんなハイスペック男子を、世の女子がほかっておくはずがあろうか。(いや、ない)

そう、元よりモテる不良たちが、そろってアニメを見るようになれば、鬼に金棒。
さらにいい声を手に入れた結果、これでもかというくらい女子にモテる。
そして、ただでさえ少なかった俺たちの取り分は限りなくゼロに近づき…えっ!?

…。

 

 

だから、世の中の不良の方たちには、あのだらしない喋り方をもっともっと続けてほしい。

アニメも見なくていい。

 

 

-おわり-

                                                                     著者:ブレーン(笑)

秋葉原エンタ祭り

昨日行ってきました。UDX2F「AKIBA_SQUARE」にて開催された、「ラジオ電撃大賞」の公開録音と、mosaic.wavの「Heartsnative発売記念ライブ」の2つに、事前に応募していたので、その2つを見てきました。

電撃大賞の方は、文化放送にて土曜26時から、鈴木達央・秋山莉奈の2人でやっているラジオです。とにかく女性が多かった・・。鈴木達央のファンの方なんでしょうかね。内容は・・ひどいものなので書きません。ってか書けません。気になった方はググッてみてください。

mosaic.wavの方は、狂乱家族日記のOPや、すもももももものOPで知られる、柏森進とみーこの2人によるアキバポップユニットです。新作のCD「Heartsnative」は、初音ミクとのコラボレーションCDで、オリコンデイリー7位をとったそうです。ライブ自体はこちらはほとんど男ばかりで、降り出した雨の中、傘もささずに外で並ぶという過酷な状況でしたが、ライブが始まってしまえば熱気でアツいくらいでした。曲は、新作CDからのほかに、AKIBAならではの曲もあり、僕もサイリュームを振り回してきました。

とまあこんなわけで、11月が目前に迫ってまいりました。

学園祭シーズン、出来るだけ多くのイベントに行きたいと思いつつ、そろそろ天たまが始まるのでこのへんで

著者:しー

反省会

今日はサークルで反省会をしてきました。

いろいろと反省すべきところはあったけど、前を向いていかなきゃいけませんね。

とりあえずは、いろいろな学祭イベントをまわって、来年の参考にしようかと思います。

イベントをまわったら、それのレポートとかもここに書いていきたいですね(`・ω・´)

著者:しー

トークイベントレポート

時間が空いてしまったのは、決して夢見心地で何も書けなかったからじゃないんだからね!><

というわけで、遅くなってしまいましたが簡単に当日のレポートでも。

朝8時くらいから集まり始めて、会場の準備とかを。といっても、初めてのイベントなので何をしていいのかわからず。そんなこんなで、広橋さんが到着。

打ち合わせ後、すぐに本番に。本番は広橋さんの斜め上に飛んでいく感じが出ていたのではないかと。ちなみに、台詞のところと、プレゼントになまえを入れるところは完全に広橋さんのアドリブでした。

お客さんも温かい人ばかりで、トラブルもそんなになく終えることが出来ました。会場にいらっしゃった方々には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

来年以降も、どんどん声優さんを呼んでいく予定なので、ご期待ください!

とレポートを書いているうちに、広橋さんがやっている超ラジも終了ー。

こえけんのこと(とすこし僕のこと)も話題に上がっているので、聞いてみてくださいねー

著者:しー

イベント終了!

広橋涼さんのトークイベントが終了しました。

成功だったのか、失敗だったのかはお客さんの判断に委ねますが、個人的には楽しい時間を皆さんと過ごせたと思いますw

また、レポートなどは後日書きますので、お楽しみに。

それでは、ご来場の皆さん。本当にどうもありがとうございました。

著者:しー

こえけんブログスタート!

ということで、広橋涼トークイベントを前日に控えた、10月10日(目の愛護デー)に、待望の?こえけんブログがスタートしましたw

明日のイベントは成功するのか、はたまた大慌てなのか・・・

神のみが知っている状態です(・ω・;)

それでも、初イベントということで、スタッフ一同楽しみつつやっていこうと思うので、参加される方も楽しんでほしいです

それでは、明日のイベントでお会いしましょう!

著者:しー